イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#34 Lars Gullin (EmArcy)

Lars Gullin


A
1.Bugs
2.Jamp for Fan
3.Lars Meets Jeff
4.A La Carte

B
1.Stock and Bonds
2.I Fall in Love too Easily
3.Manchester Fog
4.Soho

A-1,A-2,B-1,B-3

Lars Gullin (bs) Carl-Henrik Noran (ts) Rolf Berg (g) George Riedel (b)
Alan Dawson (ds)

A-3,A-4,B-2,B-4

Lars Gullin (bs) Rolf Berg (g) Bo Stoor (ds)

Rec-1953,1955



小生がジャズを聴き始めた頃は、管楽器だとトランペットやテナー&アルト・サックスがリーダーのアルバム中心になって、トロンボーンやバリトン・サックスは敢えて敬遠していたのが正直なところです。ジャズを聴くようになってから数十年、今では無くてはならない重要な楽器になりました。

このラルス・ガリンはヨーロッパ・ジャズの重要なミュージシャンで、全篇ピアノを弾いているレコードも吹き込んだりしている器用な奏者です。

このアルバムでは、トリオとクインテットの編成でストックホルムで吹き込まれていて、ガリンの初期の頃のプレイを聴く事が出来ます。スウェーデン人らしくクールなプレイですが、暖かさ・柔らかさも持ち合わせた演奏です。

余談ですが、小生がヨーロッパのジャズに興味を持ったのは、ジャズ評論家の星野秋男氏が紹介する、当時(20数年前)はマイナーだったヨーロッパのジャズ・レコードがとても魅力的に感じ、大いに刺激を受けて色々聴きだしたのがきっかけです。昔は、肝心のモノは少ないながらも比較的安価に入手できたのですが、いまやオリジナルの人気盤に至ってはとんでもない値段になってしまい、すぐ手の出るものとはならなくなってしまいました。しかしながらCDでの復刻や、物によってはアナログ復刻も進んで気軽に手に取れるようになったのは嬉しいことです。聴ければいいという考えの小生にはありがたいことですが、いまやアナログに関しては復刻されても3000円以上はあたりまえのようですね。ぶつぶつ文句を言いながら結局買ってしまうので、いいカモですが・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/11/25(土) 00:00:21|
  2. Soprano Sax, Baritone Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#35 Anita O'Day at Mister Kelly's (Verve) | ホーム | #33 Shirley Scott plays Horace Silver (Prestige)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/36-ff4fd646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。