イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#354 Concert by the Sea/Erroll Garner (Columbia)

Erroll Garner


A
1.I'll Remember April
2.Teach Me Tonight
3.Mambo Carmel
4.Autumn Leaves
5.It's All Right With Me

B
1.Red Top
2.April in Paris
3.They Can't Take That Away from Me
4.How Could You Do a Thing Like That to Me
5.Where or When
6.Erroll's Theme

Erroll Garner (p) Eddie Calhoun (b) Denzil Best (ds)

Rec-1955



ジャズの楽しさ、ライブの楽しさに開眼した個人的に記念の一枚となっているアルバム。

エロール・ガーナーは大好きなピアニストで、派手でキュートなパフォーマンスが見事にパッケージされているものはコレが筆頭ではないかと思っています。事実ガーナー関連の文献に登場するのはこのアルバムと『Plays Misty』(Mercury)が多いのではないでしょうか。

どこをとってもガーナー節が満喫できる強烈な個性が散りばめられたライブ盤です。「うにゅぅ~」と唸りながら繰り出されるガーナーのパフォーマンスが見事に炸裂し、さらに抑揚の付け方も抜群でオーディエンスが楽しんでいる様子が伝わってきます。ノリの良いブロック・コードと繊細で煌びやかな装飾音は聴いていて最高で、ジャズが持っている楽しさを完璧に具現化して披露するアーティストは簡単には見当たらず、私の中では稀有な存在として超然と君臨しております。

古い録音であるのとショボイ装置で聴いている為、ベース&ドラムスがクリアに再生できないのが残念ではあるのですが、有無を云わせぬ圧倒的パフォーマンスは清々しく爽快感が残ります。定期的に載せたくなる真の名盤です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/03(土) 00:11:16|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#355 TNT/Steve Turre with James Carter, Dewey Redman, & David Sanchez (Telarc-CD) | ホーム | #353 One,Two,Free/Eric Kloss (Muse)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

エロル ガーナーと言う人は日本では本当に評価が低い人だと思っています。権威主義的なジャズ愛好家はわかりやすい人は芸術製が低く価値が無いとでも思っているのでしょう。
私はガーナーの演奏が大好きです。またとない個性とノリは素晴しい物だと思います。
ガーナーの演奏がガーランドに多大なる影響を与えているのは良く知られています。その他にもアメリカの著名なピアニストのインタビューで、尊敬するピアニストに彼の名前は頻繁に挙げられています。
ガーナーと言えばこのアルバムとミスティばかりというのはちょっと寂しい気がします。コロンビア時代には数多くのアルバムが残されていますが全く再発されるけはいはありませんなぁ。
ストリングスとの共演なんかガーランドの色気が良くでていいアルバムだと思うんですがねぇ。おかげで安い値段で中古レコードが手に入ったわけで感謝するべきかもしれません。
  1. 2007/11/05(月) 04:18:15 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

基本的に楽しいジャズが好きである為、ガーナーはその道の先駆者としてもピアニストとしても大変尊敬しているアーティストです。彼のようなスタイリストに支持が少ないのは大変残念です。

ガーナーはサヴォイやマーキュリーやアトランティック、エマーシー等々たくさんのレーベルに作品を残していますが、私もガーナーのコロムビア盤が一番好きで良く聴いています。ソロあり、トリオあり、ライブあり、ストリングスありでバラエティ豊かなラインナップで楽しめますね。コロムビアの『Other Voices』のゴージャスさは素晴らしいですね。私もユニオンやトニイに安価で転がっていたのを結構集めました。

好きなプレイヤーの評価が低いのは何とも寂しいですが、確かに集めやすいので痛し痒しですねぇ。
  1. 2007/11/05(月) 17:52:06 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/360-529e8631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。