イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#357 Music for 4 Soloists and Band No.1/Friedrich Gulda (SABA)

Friedrich Gulda - SABA


A
-Music for 4 Soloists and Band No.1-
1.1st Movement
2.2nd Movement

B
-Music for 4 soloists and Band No.1-
1.3rd Movement
2.Minuet
3.Prelude and Fugue

-Eurojazz Orchestra-

-Soloist-

Friedrich Gulda (p,leader,comp.,arr.) Jay Jay Johnson (tb) Freddie Hubbard (tp)
Sahib Shihab (bs,fl)

-Orchestra-

Stan Roderick (tp) Robert Politzer (fl-h) Kenny Wheeler (tp,mellophone)
Erich Kleinschuster (tb) Harry Roche (ventiltrombone) Rudolf Josl (bass-tb)
Alfie Reece (bass-tuba) Herb Geller (as) Rolf Kuhn (cl,ts) Tubby Hayes (ts,fl)
Pierre Cavalli (g) Ron Carter (b) Mel Lewis (ds)

Rec-1965



フリードリヒ・グルダのジャズ作品にはいつも思うことがあって、豪華なメンバーがたくさんいるのにソロを執るメンバーが限られているのが勿体無いなあ、とパーソネルを見ながら溜息が出ます。このブログを始めた当初に取り上げた『From Vienna with Jazz!』(Columbia) あたりも凄いメンバーが揃っているのに・・・。いや、物凄く分厚いゴージャスなアンサンブルはこのメンバーならでは、というのは判っているのですが、今をときめくメンバーがバックのみとは贅沢すぎて仕方がないように思えるのは私だけでしょうか。

グルダのジャズ・アルバムの中でもコレはオーケストレーションが壮大で、かなりクラシック寄りのアプローチとでもいえるかのようなスケールの大きさです。ジャケットもそれっぽいですねぇ。A~B面に亘って奏される組曲は何とも圧巻で、4人のソロイストがダイナミックなホーンをバックに唱い上げます。グルダ以外は3人のホーン奏者がソロを執り、ジェイ・ジェイ、ハバード、サヒブ・シハブと興味深いメンツがせり出してきます。バックのオーケストラにはケニー・ホイーラー(ウィーラー)、ハ-ブ・ゲラー、ロルフ・キューン、タビー・ヘイズなど世界各国の名手が散見され、つくづくソロを執らせたい衝動に駆られます。グルダの硬質なピアノはこの作品でも健在で、編成の大きさに埋もれない存在感を発揮します。ジェイ・ジェイは伸びやかで、ハバードのペットも冴えています。サヒブ・シハブは通に好まれるバリトン奏者ですが、ココではバリトンもフルートも大きくフィーチュアされているので貴重な音源と云えると思います。B-2はさらにクラシック的アプローチを見せ、B-3はダイナミックなグルダのソロ作品です。

今やグルダの作品を検索すれば数百枚のクラシックのアルバムが引っかかり、その中に埋もれた数枚のジャズを探すというような有様で、あまりにグルダ・ジャズに陽があたっていないのは残念です。ただこの作品を含めたSABA/MPSの全仕事が5枚組みになってリリースされているのを見つけました。どんどんグルダ・ジャズを世に問うて頂きたいなぁと個人的には思っています。セールスは厳しいでしょうが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/06(火) 00:23:50|
  2. Modern Big Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#358 Distant Thunder/Manfred Schoof (Enja) | ホーム | #356 Jazz 'Round the World/Yusef Lateef (Impulse)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/363-947811f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。