イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#360 Jazz Straight Up/Stanley Clarke (Vertical Jazz-CD)

Stanley Clarke


1.Lover Man
2.Mack the Knife
3.Salt Peanuts
4.I Mean You
5.Now's the Time
6.Take Five
7.Jeru
8.Manteca
9.Oleo
10.Perdido

Stanley Clarke (b) Patrice Rushen (p) Ndugu Chancler (ds)

Rec-2000



例えば長年ジャズを聴いていて、70~80年代の当時フュージョンの台頭に頭にきていたジャズ・ファンは、このメンツは全く眼中になくスルーするパターンになるのかもしれません。

かく云う私はしっかりフュージョンもリスニング歴の中にトレースされているので全然抵抗がありません。ただ純粋にジャズに対峙した彼らというのを想像していませんでした。音楽の流行り廃りで方向転換する例は普通に見られることで、往年のフュージョン・プレイヤー達も優れたジャズ・アルバムをリリースしていますね。

スタンリー・クラークといえば、問答無用のエレキ・ベース奏者としてフュージョン時代に君臨し、弦が千切れるのではないかと心配させるくらいのチョッパー・ベースに、私も度肝を抜かれた口の人間です。『School Days』『Rocks, Pebbles and Sand』『I Wanna Play for You』『Time Exposure』あたりをヘッドホンで大音量で聴いて脳味噌をシェイクしていたことを懐かしく思い出します。

この作品はフュージョンでブレークした3人が奏でるジャズで、超定番の10曲が演奏されています。結論から云うととても素晴らしくエネルギッシュなものになっています。とにかく勢いが物凄く、象徴的なのはレオン・チャンクラーの壮絶なドラミングであることは間違いないと思います。ジャズではあるのですがアプローチはかなり柔軟で、自由度の高い演奏はパワフルで刺激的です。スタンはアコースティック・ベースを全編で使用し、エレベでのチョッパーのようなインパクトのある奏法を用いませんが、それに余りある力強いビートで本領を発揮します。パトリース・ラッシェンのピアノは豪快で切れが良く、静かな曲では流れるような滑らかなプレイを披露します。レオン・チャンクラーのドラムはエキサイティングで、特に3曲目のイントロなどは本能的に尻が浮き上がるようなパワフルさです。この演奏だけでもこのアルバムを知った喜びを感じます。

先日の東京JAZZでも、リトナーやボブ・ジェームスがなかなか味のある演奏を見せておりましたが、こういったフュージョンの寵児のようなミュージシャンが、新たなアプローチで演奏していることを嬉しく思っています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/09(金) 01:14:54|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#361 Montreal Diary B/Enrico Rava - Stefano Bollani (Label Bleu-CD) | ホーム | #359 New Horn in Town/Richard Williams (Candid)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/366-a00c98f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。