イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#374 Motion/Lee Konitz (Verve)

H. Edison & B. Clayton


A
1.I Remember You
2.All of Me
3.Foolin' Myself

B
1.You'd be so Nice to Come Home to
2.I'll Remember April

Lee Konitz (as) Sonny Dallas (b) Elvin Ray Jones (ds)

Rec-1961



今日は何を聴こうかと棚をガサガサやっていたら、コレの前で手が止まる。以前ピアノ・レス・トリオを続けてアップした時期があったのですが、コレの存在を忘れていました。

リー・コニッツのピアノ・レス・トリオ。ココでもやっぱりエルヴィンがサポートしている。ピアノ・レスと問われると条件反射的に彼のドラムを思い出す。

クールなジャズと言われるリー・コニッツもこう云うフォーマットで、さらに後ろにエルヴィンがいるとホットになるといったところでしょうか。大分雰囲気が変わりますね。強力なリズムに後押しされて違う人が吹いているようにも感じられます。

A-1,A-2のコニッツのそれこそホットなプレイは明らかにバックに影響された感じを持っています。ソニー・ダラスの明確な輪郭を持つベース・ライン、エルヴィンの豪快なドラミング、A-2ではエルヴィンのソロもタップリ執られています。組み合わせの妙が楽しめるナンバーです。A-3は若干落ち着いた、ゆったりとしたコニッツのプレイが楽しめます。B-1もいいですねぇ。全体的に熱い演奏で、曲の後半にはコニッツが引っ込み、ベースとドラムの二人三脚が繰り広げられ圧巻です。ラストのB-2も今までの曲の延長のようにいきなりアドリブから始まり、後ろではネチっこいビートが延々と繰り出されます。

ココに取り上げられた5曲は殆どが有名なナンバーですが、想像するイメージと全く違う展開でビックリします。コニッツのイメージを打ち破る圧倒的破壊力を持ったアルバムです。



余談:ブログも一年以上になって、取り上げた作品ももうすぐ400枚に届こうかといった状態になると、だんだんアップした作品を把握するのがややこしくなってきました。ネタはまだまだ山のようにあるのですが、気をつけていないと重複して取り上げてしまうことにもなりかねなくなってきました。特に気に入っている盤などは頻繁に聴いているので一番厄介ですねぇ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/11/23(金) 20:59:10|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<#375 The Guitar Artistry of Tal Farlow (Verve) | ホーム | #373 Herbie Mann in Sweden (Prestige)>>

コメント

確かに・・・。

エルヴィンがドラムスだと多くのミュージシャンが良い意味で平常心でプレイ出来ない傾向がありますよね。

エルヴィンは頼まれると垣根無く様々ミュージシャンと競演していたようですが それが他のミュージシャンの違う魅力を引き出してくれているようですね。音楽ファンには有難い話です。

1年もたって重複しないほうが凄いですよ!
重複しても良いのではないでしょうか。それはぬどいさのかなりのお気に入りということで....。
  1. 2007/11/24(土) 10:15:52 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

エルヴィンは潮目を変えてしまいますね。

sheppさん、こんばんは。

>エルヴィンは頼まれると垣根無く様々ミュージシャンと競演していたようですが

最初にこのアルバムを知った時、単純にコニッツとエルヴィンの組み合わせと言うだけで頭の中に「?」が出ましたがこういう相乗効果はとても面白く新たな発見がありますね。そういった意味ではおっしゃられるようなエルヴィンの傾向は本当に有難い話ですね。まだまだ新たな発見があるかもしれませんし。

>1年もたって重複しないほうが凄いですよ!

お褒め戴き大変恐縮です(笑)。一応ブログの目的の建前としては、把握出来ずにいた所有盤の実態を探る為に、好き嫌い関係なくログに残しつつ、どんな状態なのか掴めたらと思ってやっております。コレ以降さらに困難になるのは眼にみえているのですが、今のところ何とかなっているので、暫らくはこのスタイルでやっていこうと思っています。収拾がつかなくなってきたら、また改めて考えます(笑)。
  1. 2007/11/24(土) 18:15:19 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

なるほど潮目ですか!

ぬどいさん、こんばんは。

さすが ぬどいさん 良いことを言いますね「潮目」を変えてしまうとは まさにその通りですね。

私も1年間 聴いたAD・CDを棚から少しだけ出して重複して聴かない努力?をしていますが やはり好きな演奏に手が伸び重複しまくっています(笑)
 
そういう意味でも凄いですね尊敬に値します。
ぬどいさんは新譜(新購入)はどのくらいのペースで聴いているのでしょうか? 
  1. 2007/11/24(土) 21:37:09 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

色を混ぜると濃い色のほうに変化していくような・・・。

sheppさん、いつも有難うございます。

はい。「潮目」を変えるドラマーだと思っていました(笑)。違う例えだと濃い色の人だと思っています。安直な例えですと「黒」とかそんな感じを持っています。水彩絵の具を溶くと他の色をいくら混ぜても「黒」は「黒」であるような感じといったらいいでしょうか。

エルヴィンの個性が、共演のアーティストの個性まで食ってしまう向きもあるのて、人気のドラマーとはいえ全体のバランスを重視する傾向のファンには彼はアクの強いプレイヤーに映るのかもしれませんね。私は尖がったのが好きですのでエルヴィンが暴れるほど小躍りしてしまいます(笑)。

私も好みのものは繰り返して聴いています。何度もしつこいくらいに聴きますよ(笑)。以前よりも音楽を楽しめる時間も気持ちの余裕も出てきたので今はタップリと聴くことが出来ています。新譜の件ですが現在購入するのは99%近年モノを含めて新譜のCDばかりです。好奇心が旺盛すぎるのか自重しなければならないくらい買ってしまっています。

ジャズのブランクが当方にはあって、80年代後半から最近までのジャズがスッポリと抜けていました。それを取り戻すべく新しいジャズを現在追いかけている状態です。まあ、所有のバランスがあるのでアナログ10枚に付きCD1枚程度のペースでアップしている状況です。

今後も駄文を拝し続けますがお付き合い下されば幸甚です。
  1. 2007/11/24(土) 23:39:57 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/380-015f2273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。