イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#389 Circles/Jesse van Ruller (Criss Cross Jazz-CD)

Jesse van Ruller


1.One
2.Circles
3.Here Comes the Sun
4.Black Dahlia
5.33 Waltz
6.Zoab
7.Gone With the Wind
8.Secret Champ

Jesse van Ruller (g) Seamus Blake (ts) Sam Yahel (hammond-B3-org)
Bill Stewart (ds)

Rec-2002



大好きなアルバムで良く聴いているのですが、コレは何といってもジェシのオリジナルの8曲目が堪らない。ジェシ・ヴァン・ルーラーのオルガン入りカルテット。

まずこの編成に惹かれる。テナーがフロントを張りオルガン+ギターが絡むという当方にとっての最強の編成。ギタリストがリーダーですが役割は対等です。大方のオルガン入り作品と同様ベーシストはおらず、その分ハモンドが縦横無尽に駆け回ります。とてもソウルフルな作品で、テナー、ギター、オルガンが存分に持ち味を発揮しており、ドラムの抑揚により三者が様々な表情をみせます。

特にココでのサム・ヤヘルのオルガンを気に入っていて、全体のサウンドを見事に統率したプレイが光っており、特有のグルーヴ感は実に心地よくトータル・サウンドから鑑みても彼の発するウネリは超然と屹立しております。ジェシ・ヴァン・ルーラーのギターがそれに絡む様は快感で、シーマス・ブレイクのテナーはテクニカルとは云えなくともこの演奏に実にマッチしており最高の効果を挙げています。

全8曲中、7曲目を除く残り7曲がメンバーのオリジナルで占められており、ワイルドなものからリリカルなものまでメリハリのついた聴き応えのある内容です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/08(土) 01:22:25|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#390 Together !/Philly Joe Jones & Elvin Jones (Atlantic) | ホーム | #388 Presenting "Cannonball"/Julian Cannonball Adderley (Savoy)>>

コメント

恥ずかしながらやっと思い出しました。

ぬどいさんごぶさたです

当方ブログにおいでくださった際、J.V.Ruller"Circles"のT8がお好きとのコメントいただき、その後当方も、あらためて確認してみましたが、私もやはり、このアルバムではお気に入りの曲であったことを思い出しました。すぐに反応できない、このレスポンスの悪さ、誠にお恥ずかしいかぎりであります。

このT8に関して、あらためて聴き直し思い出しましたが、当時このT8を聴き、曲調、パターンがそっくりで、おそらくJ.V.Rullerもこれをだいぶ意識して作ったのでは、と思う曲があったのを思い出しました。
Michael Breckerの "Time of The Essence" の中の "Renaissance Man"という曲ですが、同じ楽器編成でBreckeraのts, Methenyのg, Goldingsのorg,そしてdsがなんと同じBill Stewartというメンツで、各人のソロの入り方、ノリの感じなど同じように実に快調な一曲です。
このアルバムでのGoldingsのorgはキレてます。この調子で伸びてくれることを期待してたんですが...............。

  1. 2010/03/15(月) 11:56:52 |
  2. URL |
  3. J works #-
  4. [ 編集]

いつもレスポンスが遅くて申し訳ございません。

J worksさま、こんばんは。

返答が遅くなり大変失礼致しました。ここのところブログを完全にサボっていて、ログインすらしていない状態でしたので、コメントに気がつくのが遅くなってしまいました。いつもながら本当に申し訳ございません。

ご教示下さったマイケル・ブレッカーのトラックを改めて聴いてみようと思って探してみたら、恥ずかしながら該当のアルバムを所有していませんでした。同様のスタイルでそのメンバーでしたら、必ずや満足するはずですので "Time of the Essence" をウェブで探してみようと思っています。教えてくださり有難うございました。

私的には、ここのところオルガン入りの作品を多く手にしている感じがします。Jared Gold や Mike LeDonne、Adam Kipple や Jermaine Landsberger あたりを楽しんでいます。Kjeld Lauritsen の "Hammond Time!" とか、リーダーがオルガニストの新譜も最近目立ってリリースされていますよね。聴いてみたいものが無限に出てくるので困ってもいるのですが。
  1. 2010/03/16(火) 23:07:20 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/395-91d8cf1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。