イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#395 Folk's Songs/Tain & the Ebonix (Dark Key Music-CD)

Tain & the Ebonix


1.Samo c
2.Rotation
3.Ling's Lope
4.Seed of Blakzilla
5.Laura Elizabeth
6.Galilee
7.Blues 4 Curtis
8.Rotation Ⅱ
9.Same Page...
10.Blasphemy

Jeff "Tain" Watts (ds,perc) Marcus Strickland (ts,ss) Christian McBride (b,el-b)
David Kikoski (p) Juan Tainish (vo→only9) David Gilmore (g→only7,9)
Henry Hey (key→only6,7,10) Samuel Torres (perc→only10)

Rec-2006



来週この連中が都内でライブを行うのですが、無条件で是非見に行きたいと思っていました。が、この時期の遠出は当方にとって不可能であるのでじっと我慢の子でなければなりません。コレは悔しい。まだチケットが何とかなるというのに・・・。

ジェフ・ティン・ワッツのエボニックス名義のアルバム。今回の来日メンバーもエボニックスの面々でジェフ・ワッツ、マーカス・ストリックランド、デヴィッド・キコスキ、クリスチャン・マクブライド。

個人的にかなり反応するメンバー。ワッツの的確な超絶ドラムはもちろんのこと、マクブライドのウネりながら走るベースも見たい。キコスキはクリス・クロスで発表されている一連のアルバムが好かったし、一番に気になるのがストリックランドのサックス。

新譜とともにココ最近のジャズを遡って聴いているものにとって、ストリックランドは気に入ったアルバムにかなりの確立で顔を出しており、且つその存在感はリーダーを食う勢いの素晴らしい演奏を多く残しています。フレッシュ・サウンド・ニュー・タレント(FSNT)に残した自身のリーダー作の出来も上々で、クリス・ポッターとともにかなり気になる存在となってきました。初めて聴いたのはFSNTのロバート・グラスパー盤だと思うのですが、彼がFSNTに残した2枚にもグラスパーが参加しています。エネルギッシュなテナー、その対比のように奏される澄んだクリアな音色のソプラノも共に耳目を惹かれ、このアルバムではテナーの土臭さもこのセットの効果なのか他の作品よりも際立っているように聴こえます。

このアルバムでは数曲にゲストが参加していますが、基本のエボニックスでの4人の演奏は全く揺るぎなくティン特有のビートが放出されておりマクブライトのベースも実にテクニカルです。キコスキもサラッとせず粘り気を含んだピアノで何ともマッチしています。ギターなどのゲストが入る後半の曲では、よりワイルドになりハードな演奏になります。

何かと理由付けしてライブに向かいたい欲求を抑えるのは大変です。確実に後に自分に返ってくるためオッサンは自制するのです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/14(金) 01:22:31|
  2. Drums
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#396 Ira, George, and Joe/Joe Pass Loves Gershwin (Pablo Today) | ホーム | #394 Jazzxperience/Jacob Christoffersen (Stunt-CD)>>

コメント

ぬどいさん こんにちは。
エボニックスのライブ行きたいですね、同じく私も行けそうにありません。大好きなミュージシャンばかりなんですが!

ぬどいさんと同じく マーカス・ストリックランドは最近のテナー吹きでは一番聴く機会が多い一人で大注目です! ジャズに限らずリズムセクションは重要ですよね。 この面子で悪い演奏のわけがありません。
本当に何で年末は慌しくなるのでしょうか?
  1. 2007/12/15(土) 12:56:11 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

sheppさん、こんにちは。

絶対凄いことになるであろうと思っているだけに、観に行けないのが残念でなりません。期待の大きい分その場に居れないことに失望します。今度は時期を選んで来て欲しいものですが、先方には関係のないことですしそもそも次回があるかどうか・・・。

ストリックランドの活躍は精力的且つ内容的にも素晴らしいですね。今までは意識して彼の関連作を引いていたわけではないのですが、聴後に彼の参加や内容の良さを認識することが多かったのですが、当方にとって俄然目を離せない存在になってきました。それだけにこのチャンスを逃すのが悔しいです。

sheppさんも年末お忙しいようですね。仕事のみならず家のことも出てくるので泡を食うような毎日です。
  1. 2007/12/15(土) 14:24:28 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/401-167db4a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。