イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#398 Trouble Shootin'/Stefano di Battista (Blue Note EMI Music France-CD)

Stefano di Battista


1.I Will Love You
2.Midnight Blue
3.The Serpent's Charm
4.Under Her Spell
5.The Jody Grind
6.Echoes of Brazil
7.Alexanderplatz Blues
8.Essaouira
9.Weather or Not
10.This Here
11.Trouble Shootin'

Stefano di Battista (as,ss) Baptiste Trotignon (hammond B3-org)
Fabrizio Bosso (tp→only2,4,5,8,9,10) Russell Malone (g→only1,5,6,7,11)
Nicola Stilo (fl→3,6) Eric Legnini (p→only11) Eric Harland (ds)

Rec-2007



コレは実に注意を惹きつけられるアルバム。聴いていてワクワクする。全体を支配するステファノ・ディ・バティスタのアルトとソプラノ、そして音楽のベースには強烈なインパクトのバティスト・トロティニョンのハモンドが。

固定はリーダーのバティスタとトロティニョン、ドラマーのハーランドのみ。曲によって様々なゲスト(といってよいのか?)が彩を添える。しかもメンバーが豪華(個人的に!)。インパクトの高さはやはりファブリツィオ・ボッソか。闇を切り裂くようなペットが乱入してきます。そしてオルガンにマッチするラッセル・マローンのギター。ニコラ・スティロのフルートは空気感を一変させます。とにかく冒頭に述べたようにワクワクさせられる音作りに参ってしまいます。エリック・レニーニまでピアノで一曲参加。そしてエリック・ハーランドの確実に耳を捉えるドラミングが堪らない。しっかりと全ての曲で主張しています。当方にとって嬉しい一枚となりました。

しかも編成を見て予想する通りのイージーな音が出てくるわけではなく、かなり深みのある個性的なサウンドです。オルガンが効いているのでグルーヴ感が全体を支配していますが、黒人オルガニストが演るようなアーシーさではなく、やはりヨーロッパらしさが滲み出た爽やかな部分と、スピード感のあるエネルギッシュさが混在したなかなかの代物です。オススメ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/17(月) 00:23:45|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#399 For Children/Eero Koivistoinen (Otava-CD) | ホーム | #397 Mama too Tight/Archie Shepp (Impulse)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/404-c809347f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。