イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#399 For Children/Eero Koivistoinen (Otava-CD)

Eero Koivistoinen


1.Five Blue Tones
2.For Children Ⅰ
3.For Children Ⅱ
4.For Children Ⅲ
5.Bitter-Sweet
6.Folk Song arr. EK
7.Boots & Roots
8.Roots & Boots

Eero Koivistoinen (ts,ss,arr,.comp,) Mike Koskinen (tp) Attila Berger (g)
Jukka Tolonen (g) Don Bane (p,el-p) Pentti Hietanen (p,el-p) Eero Ojanen (p,el-p)
Pekka Sarmanto (b) Esko Rosnell (ds)

Rec-1970



フィンランドの巨人、イーロ・コイヴィストイネンの稀少な作品が、ちょっと前にJazzpuuというふざけた響きの名前のレーベルから復刻されていたので取り寄せてみました。

この作品と同時に『Odysseus』(Otava-1969)というジャズ・アルバムが復刻されていて、今日取り上げるコレはこのアルバムの一年後の作品にあたります。

『For Children』はひと言で云えば斬新、あるいは新鮮。この時期のジャズは様々なスタイルのものが派生していた時期で、イーロのスタイルにも『Odysseus』に比してもアプローチの違いが見られます。HMVのサイトには、「プログレッシブ」やら「スペイシー」やらの惹句がならんでいますが結構納得させられる部分と、それだけでは済まない奥の深さも感じ取れます。

ひょっとしたらフュージョン的扱いをされる作品なのかも知れませんが前述の通り一筋縄ではいかない構成になっており、自分としては異を唱えコレはジャズと断言したいです。特に1曲目などはエレピを中心としたサウンドが土台にあり、ギターのカッティングが連なり、エコーが掛かったペットやサックスが響き渡ります。この当時の感覚で近未来を表現したようなサウンドといった風情の作品で、多少の古臭さは感じますが充分楽しめるものであり、まさに「スペイシー」な音楽であるため、インパクトの強さからそのようなイメージが付きがちです。でもそれ以降の曲に関しては、組曲になっているタイトル曲の2~4曲目などはアプローチは怪しいものの、ジャズと云えるサウンドで、しかも質の高い演奏です。5曲目なども見事なジャズでコイヴィストイネンのソプラノに痺れます。

あまり先入観を抱かずに接することがこの音楽を楽しめる鍵となるような気がします。4ビート以外受け付けない方には無理なのかも知れませんが、それは勿体無いことだと思いますよ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/18(火) 01:52:32|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#400 Ella and Louis (Verve) | ホーム | #398 Trouble Shootin'/Stefano di Battista (Blue Note EMI Music France-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/405-36834548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。