イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#400 Ella and Louis (Verve)

Ella and Louis


A
1.Can't We be Friends
2.Isn't This a Lovely Day
3.Moonlight in Vermont
4.They Can't Take That Away From Me
5.Under a Blanket of Blue
6.Tenderly

B
1.A foggy Day
2.Stars Feel on Alabama
3.Cheek to Cheek
4.The Nearness of You
5.April in Paris

Ella Fitzgerald (vo) Louis Armstrong (tp,vo) Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g)
Ray Brown (b) Buddy Rich (ds)

Rec-1956

C
1.Don't be That Way
2.Makin' Whoopee
3.They All Laughed
4.Comes Love
5.Autumn in New York

D
1.Let's Do it (Let's Fall in Love)
2.Stompin' at the Savoy
3.I Won't Dance
4.Gee Baby ain't I Good to You

E
1.Let's Call the Whole Thing Off
2.These Foolish Things (Remind Me of You)
3.I've Got My Love to Keep Me Warm
4.Willow Weep for Me
5.I'm Puttin' All My Eggs in One Basket

F
1.A Fine Romance
2.I'll Wind
3.Love is Here to Stay
4.I Get a Kick Out of You
5.Learnin' the Blues

Ella Fitzgerald (vo) Louis Armstrong (tp,vo) Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g)
Ray Brown (b) Louis Bellson (ds)

Rec-1957



なんとなくではあるのですが、キリのいいところでは箱物を聴いています。で、今回の400枚目に持ってきた箱物は『Ella and Louis』の国内盤を楽しんでいます。

これはそもそも『Ella and Louis』(Verve-1956)と『Ella and Louis Again』(Verve-1957)をカップリングした特別仕様のもの。「アゲイン」はもともと2枚組ですのでこのボックスは3枚組ということになります。56年制作のアルバムがこのボックスのA,B面、57年の「アゲイン」がC~F面ということになります。検証はしていませんが、恐らくこの作品はCDの時代も含めていろんな体裁で発売されたのであろうと想像します。セットを比較するとドラマーがバディ・リッチからルイ・ベルソンに代わっただけで、サッチモのペットを含めたクインテット編成のコンボに乗せてエラとサッチモのヴォーカルが楽しめるという何ともゴージャスな作り。云ってみれば箱にしたことによってカップリングされた企画物ということになるのですが、この統一感のある流れはメンバーが最少のドラマーの変更のみということが幸いしているような感じです。

改めて聴きながら、あまりにも贅沢で極上のアルバムということを再認識します。二大ヴォーカルのスタイリストが、往時の最良のメンバーを率いて共演しているのですから悪かろう筈もありません。いかに凡庸な愚耳を持つ私でも聴く前からコレは音が判ります。至福の30曲がパッケージされており充実の約120分が堪能できます。イカレ耳で曲の紹介もおこがましいので申し訳ないですが今回は放棄します(笑)。そして今宵はコレで一杯飲ります。では、さようなら。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/19(水) 00:13:04|
  2. Vocal
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#401 Deja Vu/The Orrin Evans Trio (Imani Records-CD) | ホーム | #399 For Children/Eero Koivistoinen (Otava-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/406-a838f30d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。