イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#404 I Hear Music/Bud Shank (Sunset)

Bud Shank - Sunset


A
1.Bag of Blues
2.Do Nothin' till You Hear From Me
3.Fluted Columns
4.All This and Heaven too
5.Paradise

B
1.Night in Tunisia
2.You Don't Know What Love is
3.Nocturne for Flute
4.A Sinner Kissed an Angel
5.I Hear Music

A-1,A-2,A-4,B-3

Bud Shank (as,fl) Claude Williamson (p) Don Prell (b) Chuck Flores (ds)

Rec-Jan.1956

A-3,A-5,B-4,B-5

Bud Shank (as,fl) Bill Perkins (as) Hampton Hawes (p) Red Mitchell (b)
Mel Lewis (ds)

Rec-1955

B-1

Bud Shank (as,fl) Claude Williamson (p) Don Prell (b) Chuck Flores (ds)

Rec-Nov.1956

B-2

Bud Shank (as) Bob Enevoldsen (tb) Stu Williamson (tb) Maynard Ferguson (tb)
Claude Williamson (p) Joe Mondragon (b) Shelly Manne (ds)

Rec-1954



長らくその内容が把握出来ず、暫らくの間保留していた作品。

当初、Sunsetというレーベルがよく判らなくて色々調べていたのですがハッキリしたことが掴めずにいました。ネットの時代になり資料的なものがネットで散見できるようになって、どうやら寄せ集めのものを新たにリリースしているような感じが見えてきました。このバド・シャンクのアルバムに関しても最初一聴した時、どこかで聴いたことある曲が出てきて首を傾げていましたが、後になって複数の寄せ集めに気がついたような状態でした。すぐ判断できないことが何時もながらの聴き込みの少なさを露呈していますが以下の数枚の作品からのセレクトであることが判りました。検証が終了したのでアップした次第です。

◎このアルバムのA-1,A-2,A-4,B-3

『Bud Shank & Bill Perkins Quintet』(Pacific Jazz-1205)「昼と夜のシャンクの夜の方」B-1,B-2,B-3,B-5に収録

Bud Shank (night)

◎このアルバムのA-3,A-5,B-4,B-5

『The Bud Shank Quartet』(Pacific Jazz-1215) A-1,A-3,B-1,B-2に収録

Bud Shank - PJ1215

◎このアルバムのB-1

『The Bud Shank Quartet』(Pacific Jazz-1230) A-1に収録

Bud Shank- PJ1230

Sunsetのアルバムはこの作品のジャケットから拝借されているようですね。

◎このアルバムのB-2

『Bud Shank Bob Brookmeyer Strings & Trombones』(Pacific Jazz-1213) B-5に収録

Bud Shank - PJ1213

『I Hear Music』はSunsetから1966年にリリースされたもので、発売時で約10年ちょっと前のものを再発したということになります。内容は表記の通りの寄せ集めでありますが、極端なセットの違いが含まれているわけではないので、統一感のある編集にはなっていると思います。且つバド・シャンクの決定打と云われる作品を中心にセレクトされているので、ウェスト・コースト・ジャズの王道を往く彼のサウンドがパッケージされています。

結局全ての音源が手元にあったわけで当方にとっては必要の無い盤ではあるのですが、変遷を辿ることを目的とすれば興味深い対象の作品にはなると思いました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/23(日) 00:09:35|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#405 Shock Value Live at Smoke/Jeremy Pelt & Wired (Maxjazz-CD) | ホーム | #403 Relaxin' With Horace/Horace Parlan (Stunt-CD)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

sunsetですがUAユナイティッド アーティストが取得した会社の音源を使った、再発レーベルとして作られたものだと思います。
従って音源としてはブルーノートやパシフィック、ソリッドステートなどなどが含まれています。またジャズに限らずにソウルやブルーズのレコードもリリースされています。
サンセットが見たことも無いミュージシャンの写真でアルバムを出していたりすると、思わず買いそうになったりしてね。
私も、数枚ブルーノートのサンセット版を所有しています。

出来ればオリジナルの作品の体裁のまま再発をして欲しいものですね。EMIが何でもかんでも所有する音源をブルーノートの名前で、売らんかなで復刻するのもどうにかしてほしいもんです(苦笑)。
  1. 2007/12/23(日) 04:12:32 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんにちは。

>sunsetですがUAユナイティッド アーティストが取得した会社の音源を使った、再発レーベルとして作られたものだと思います。

ネット上でサンセットのディスコを見つけたのですが、やはり再発専門だったのですね。UAの取得音源ということで合点がいきました。このアルバムが66年のリリースというところも関連性を見出せますね。

EMIのブルーノート名義での販売、確かになんでもありですね。どうしても過去のBNのイメージがこびり付いているだけに節操の無さが感じられます。実際のところ売り上げが思うように反映されているのでしょうかね?
  1. 2007/12/23(日) 14:31:42 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/410-01d1022f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。