イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#408 Jazz in the Garden at the Museum of Modern Art/The Teddy Charles New Direction Quartet (Warwick)

Teddy Charles Quartet


A
1.Scoochie
2.Cycles
3.Embraceable You
4.Blues de Tambour

B
1.Take Three Parts Jazz
Part 1 : Route 4, Part 2 : Byriste, Part 3 : Father George
2.The Confined Few

-The Teddy Charles Quartet-

Teddy Charles (vib) Mal Waldron (p) Addison Farmer (b) Ed Shaughnessy (ds)

guests : Booker Ervin (ts) Booker Little (tp)

Rec-1962



今宵はテディ・チャールズのヴィヴラフォンを聴いています。

当方の想うテディ・チャールズに関しては実験的なイメージが常に伴っております。これはもう先入観であるのですが、そういった印象が纏わりついています。そして彼の率いるテンテットという大所帯をすぐ連想してしまいます。でもコレはゲスト入りのセクステットという形になっています。

このアルバムはタイトルで判るとおりニューヨーク近代美術館でのライブ録音で、テディ・チャールズのカルテットにゲストとしてブッカー・リトルとブッカー・アーヴィンが参加しているという体裁です。両ブッカーが二管でフロントを形成し、ヴァイヴのソロもタップリ割かれています。

冒頭に実験的などと書けばこの作品に対してもそのような解釈を与えますが、A面では至って真っ当なジャズを展開しています。とは云ったものの個性的な楽曲もやっぱり含まれており、B-1などの組曲などはナチュラルに耳を通り過ぎるような作りではないような感想を持ちました。この組曲は管を除いたカルテットで演奏されておりMJQと同様の編成になっているため比較され易い対象となるような気がします。

残念なのが音質がイマイチ良くありません。62年と比較的新しめな音源なので期待できそうですが、美術館の庭園での録音とのことが悪いのか、理由は定かではないですがあまりクリアに録れてはいません。

A-3以外は彼らのオリジナルで、A-1はブッカー・アーヴィンの、B-2はブッカー・リトルのペンによるものです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/27(木) 23:34:13|
  2. Vibraphone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#409 Brotherhood/Marcus Strickland (Fresh Sound New Talent-CD) | ホーム | #407 Morning Song/David Murray Quartet (Black Saint)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/414-591fea16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。