イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#418 Demon's Dance/Jackie McLean (Blue Note)

Jackie McLean - Demon’s Dance


A
1.Demon's Dance
2.Toyland
3.Boo Ann's Grind

B
1.Sweet Love of Mine
2.Floogeh
3.Message from Trane

Jackie McLean (as) Woody Shaw (tp,fl-h) LaMont Johnson (p) Scott Holt (b)
Jack DeJohnette (ds)

Rec-1967



久しぶりにブルーノートを。

ジャッキー・マクリーンの60年代でのBN吹き込みではラストの作品。新生BNの85年のライブやマッコイ・タイナーとの双頭グループでの録音があるので、純粋にBNとしてのラストではないところがこの作品に前置きが必要なややこしい位置づけになっています。またこの作品を発表後、5年間ジャズの録音から遠ざかるのは周知の通りです。そのカムバック作が名盤『Live at Montmartre』(SteepleChase)になります。このライブも良いですね。

この作品はマクリーンの作品の中でも人気度が高く、私も大好きで良く聴いた作品でした。久しぶりに取り出し楽しんでいます。この作品の価値と云いますか存在感を高めているのはB-1の「Sweet Love of Mine」であることは重々承知の助ですが、その他の楽曲も良いですよね?この時代のBNにありがちな、おどろおどろしいジャケットも含めて気に入っている作品です。

5人のテンションの高さがヒシヒシ伝わる好盤で、中でもウディ・ショウの鋭く尖がったペットの輝きは素晴らしいです。ブロック・コードで煽るラモント・ジョンソンのピアノ、スコット・ホルトの主張するベースも巧みです。そしてサウンドを席巻するディジョネットの豪快なドラムも耳に残ります。よく例えで「訛る」と表現されているいつものマクリーン節も健在で嬉しくなります。

昨年Sonnyさんがレコメンドされていた91年の『The Jackie Mac Attack Live』(Birdlogy-CD)があまりに凄くて、それこそ取り憑かれたように聴いていたのですがこの作品はまたの機会にということで・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/01/06(日) 00:18:03|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#419 The Horn's Full/Jack Montrose and All-Stars (RCA Victor) | ホーム | #417 Avanti !/Giovanni Mirabassi (Sketch-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/424-02248858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。