イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#422 Green Dolphin Street/Bill Evans with Philly Joe Jones (Riverside)

Bill Evans with Philly Joe Jones


A
1.You and the Night and the Music
2.My Heart Stood Still
3.Green Dolphin Street

B
1.How am I To Know ?
2.Woody'n You (take 1)
3.Woody'n You (take 2)
4.Loose Bloose

Side-A,B-1~B-3

Bill Evans (p) Paul Chambers (b) Philly Joe Jones (ds)

Rec-1959

B-4

Bill Evans (p) Zoot Sims (ts) Jim Hall (g) Ron Carter (b) Philly Joe Jones (ds)

Rec-1962



タイムスリップ盤。理由はA-1。同様のことを思っておられる同好の士は多い筈(と、確認口調)。A-1を聴くたびにこの当時の自分を重ね合わせてしまうのは致し方ない事なのか。

今から二十年以上前になるのでしょうか、この作品のA-1がタバコのCFに使われていたのは有名で、またこの時期タバコの「セレクト」を冠にジャズ・フェス(ライブ・アンダー・ザ・スカイ)も行われていた為強烈なインパクトとして脳裏に焼きついています。単純な思考回路の小生の愚脳はA-1を聴く度に上記のようなノスタルジーを誘発する為困りモノです。

こうなってしまうと他の曲の関わり方が薄くなってしまうのが常と言い切ってしまっていいのかは判りませんが、振り返っても印象に殆ど残っていなかったので今回改めておさらいをしています。A-1に関しては他のテイクもあるのですが、テレビという魔物に刷り込まれた記憶というものは覆りません。

この作品では全体的に並列で持ち上げられているフィリー・ジョーのアクセントの効いたドラムが心地よく録られています。ポール・チェンバースのソロをフィーチュアした曲が多いようにも感じられました。またB-4だけ時期も違うクインテットでズートの参加が嬉しい一品です。この曲のベースはロン・カーターではあるのですが。B-2,B-3で二通りのテイクが収録されていますが、当方の勝手なエヴァンス像にはないようなパワフルなプレイでした。

久しぶりに聴いたA-1でやっぱりシミジミしてしまう自分を改めて自覚し、あれこれ思案し懐かしいやら情けないやら。



お知らせ:本日より復活致します。またお付き合い下されば幸いです。今回の旅で死ぬほど列車に乗った為なのか、久しぶりに戻った自宅の部屋に腰を落ち着かせた状態で、やっと自分の平衡感覚が変になっていることに気がつきました。この歳になって五日間の旅程の中に夜行列車を3日分も組み入れた為猛烈なダメージです。日常に戻すにはエンジンの如く暖気せずには復活できないかも・・・。ただマイナス10度以下の寒風にさらされ続けたので単純に風邪でもひいたのか?冷静に判断できないほど凡庸な感覚に改めて本人ながらも絶句です。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/01/13(日) 23:34:15|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#423 The Boss of the Blues/Joe Turner Sings Kansas City Jazz (Atlantic) | ホーム | #421 Love-in/The Charles Lloyd Quartet (Atlantic)>>

コメント

お帰りなさい!

ぬどいさん お帰りなさい!

列車での旅ですか、良いですね。旅や出張から戻り、自宅でくつろぎながら聴く1枚は最高ですよね。

2008年の初っ端がデイブ・バレルとはさすがです。(何が?)
このアルバムはJAZZはおろか普段音楽を聴かない友人が買って、1曲目ばかり聴いてたのを思い出します。テレビの影響恐るべしです。

ライブ・アンダー・ザ・スカイも良く行きました。
懐かしいなあー。
遅ればせながら本年も楽しませて下さい! 宜しくお願いします。
  1. 2008/01/14(月) 11:43:17 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

戻りました!

sheppさん、こんばんは。

無事戻ってまいりました。年甲斐もなく無茶な計画を実行した為思ったよりダメージを受けております。年相応の程々が宜しいと今更ながら教訓を得ました。でも折角の休み、ちょっと無理してでも、の癖が直るかどうかは判りません。

>2008年の初っ端がデイブ・バレルとはさすがです。(何が?)

根にある遊び心を抑えられずに狙ってしまいます。でも今年はフリーにより多く接する機会としたいと本音では思ってはいるのです。

>ライブ・アンダー・ザ・スカイも良く行きました。

私も数回観に行けました。今思えばあの頃が野外フェスのピークだったような気がしますね。

>遅ればせながら本年も楽しませて下さい! 宜しくお願いします。

貴重なコメントを賜り大変有難く思っております。ご期待に沿えるような内容を維持できるかどうか自身では判りかねるのですが、こちらこそ今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

P.S.帰宅途中に都内でマーカス・ストリックランドの近作2枚を購入してきました。なかなか面白いアプローチで現在楽しんでおります。
  1. 2008/01/14(月) 18:22:48 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/428-c43486bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。