イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#432 Hamp's Big Four/Lionel Hampton (Verve)

Lionel Hampton - Hamp’s Big Four


A
1.That Old Black Magic Pt.1
2.That Old Black Magic Pt.2
3.Blues for Norman

B
1.It's a Blue World
2.When the Saints Go Marching in
3.Midnight Sun

Lionel Hampton (vib) Oscar Peterson (p) Ray Brown (b) Buddy Rich (ds)

Rec-1954



御大ライオネル・ハンプトンの渋い作品。バックはピーターソン・トリオ。

以前に触れたことですが、私がジャズを自然に吸収したバックボーンにあるのは物心ついたときから家で流れていたジャズであり、振り返ってみれば自分が意識してからは聴かされていたというよりも自主的に首を突っ込んでいった要素のほうが強いと思っています。小学校の低学年のころから自分でプレーヤーを回して聴いていたので手に余るレコードを落っことして傷をつけたり、針を折ったりして手のかかる(頭にくる)餓鬼だったろうと思いますね。

そんな有難い環境であったのと、親戚の叔父などにもジャズに造詣の深い方が多く、田舎へ帰省をするたびに押しかけてレコードを聴かせて貰ったりテープに録らせてもらったりしていました。ただ全てに共通するのはスウィング&ディキシーが専門だったこと。なので暫らくの間は自分のジャズはスウィングでありディキシーであり、エリントン&ベイシー、ハリー・エディソンやレスター・ヤングに関してをレクチャーされてきました。頭が宜しくないので理解度は?ですが。

そういう過程を経ているのでハンプトンは特別です。大して多くを所有していませんが音に触れればノスタルジーに浸れる大事なアーティストです。残念なことに年齢を重ねるにつれこういう要素を欲する機会が増えてきましたが新しいジャズと並行して懐かしのトラッドを聴ける悦びを嬉しく思います。ヴィヴラートの効いたハンプトンのヴァイヴに哀愁を覚え、聴き慣れたピーターソン・トリオの安定感に安心を覚えます。B-2のディキシーの定番曲ではメンバー全員の滑稽なヴォーカルが入っています。ライナーではレイ・ブラウンが中心を執っている旨が表記されていますが当方には判断できません。ピーターソンの喉が素晴らしいのは『Romance』(Verve)で承知しているのですが。

ついでに触れると、モダンに入門するのは中学3年の時に同級生から借りたレコードの中にコルトレーンの『My Favorite Things』があって衝撃を受けたのが初めてです。当時は異様に感じよく解らなかったですね。他に借りたアール・クルーやデイヴ・グルーシンのほうが心地よく新鮮だったことを思い出します。ただ高校生になると本格的にモダンへ傾倒していきました。高校時代に住んでいた逗子にはジャズ喫茶がなかったですが、出身地の函館の駅近くに今はなき「エアリー」というジャズ喫茶があり、高校生くらいの頃から帰省の度に入り浸っていました。ここはジャズ・レコードの販売もしていました。懐かしい思い出です。

私的な思い出話にお付き合い下さり大変恐縮でした。失礼致しました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/01/23(水) 01:09:15|
  2. Vibraphone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#433 Prayer Meetin'/Jimmy Smith with Stanley Turrentine (Blue Note) | ホーム | #431 Jazz for Juniors/The Mitchell Ruff Duo (Roulette)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/439-dc5c80b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。