イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#447 The Empty Foxhole/Ornette Coleman (Blue Note)

Ornette Coleman - The Empty Foxhole


A
1.Good old Days
2.The Empty Foxhole
3.Sound Gravitation

B
1.Freeway Express
2.Faithful
3.Zig Zag

Ornette Coleman (as,tp,vin) Charles Haden (b) Ornette Denardo Coleman (ds)

Rec-1966



久しぶりにこれを聴くにあたって、デナード・コールマンはどうしているのか気になりネットでちょっと調べてみる。そしたら割と最近オヤジのオーネットとともに来日していたようで、健在ぶりを発揮しているらしく嬉しくなった。

デナード10歳での録音。普通に考えればさすがに突飛な起用に思われ、まともな方であればこのドラムは即座にツッコミを入れるくらいの代物であるのかもしれませんが、ソレを承知した上でコレに違和感をそれほど感じないのは己の腐れ耳のせいなのか、それともオーネットの音楽性ゆえのマジックなのか。まぁ前者であることは間違いないですが何とも困ったことにすんなり受け入れる自分の耳が痛々しい。もしかしてオイラはオーネットの考える術に嵌っているのか。そしてこの時の共演者チャーリー・へイデンはなにを思って演奏していたのか。ここら辺のエピソードは既に明らかなのだろうが無知な私でもちょっと気になります。

オーネットはアルトのみならず、ペットにヴァイオリンと己のスタイルで突き進む。一昔前までなかなかキモを見出せず格闘していた彼の音楽に対し、見出すことまで行かないが今では自分の中にシックリ入ってくる感覚がちょっと不思議な感じです。

A-1はアルトでプレイ。デナードにテンポを狂わされながらも演奏にとり憑かれてしまう。A-2はトランペット。妙に牧歌的でこのアルバムで一番好きな演奏。A-3はヴァイオリン。これはちょっと自分が理解できる枠の外にある演奏。B-1はミュート・トランペットで即興。なんとデナードのドラムを全面に押し出している。B-2はアルトに戻ります。おおらかで深い音色に何ともいえない感慨を受けます。B-3もアルトで。彼ならではのスタイルが嵌り込んだ駄耳に刺激を与え続けます。

著名な方でオーネットを全く受け入れない旨の発言をよく目にするのですが、それほどヒドイものに映るのでしょうか。彼の面白さ(という表現を敢えてします)にやっと入り込めてきた小生にとってはちょっと残念な気もします。まぁ人それぞれ好きなものを聴けばいいことに変わりはないのですがね。

ちなみにカバーはオーネットの筆によるもの。多才ですなぁ。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/07(木) 19:04:03|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#448 Moods/Paul Quinichette (EmArcy) | ホーム | #446 J.R. Monterose in Action, + The Joe Abodeely Trio (Studio 4)>>

コメント

その来日公演、見に行きました。
あの時のドラマーが息子であることは、後で知ったのですが。
編成は、オーネットに息子にベース2本だったと思います。
このアルバムも、そのライブの後に知ったのですが、まだ聴いたことがないです。
ちょっと手を出し難いところがありますね。(笑)
  1. 2008/02/07(木) 21:26:06 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

何と観に行かれてましたか!私の触れた記事も2ベースのものだったのでまさにソレですね。どういうスタイルだったのか気になりますねぇ。相変わらず我が道を行っていたのでしょうか。

>ちょっと手を出し難いところがありますね。(笑)

頭や感覚で消化しきれないフリーも沢山接していますが、オーネットの場合は感覚的にフィットするものが私にはあるのです。上手く説明できないのですが。大きな声では言えませんがコレは結構好きなアルバムです(笑)。
  1. 2008/02/07(木) 22:36:00 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/453-75d92bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。