イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#449 Kiso/Akira Miyazawa (Victor-CD)

Akira Miyazawa - Kiso


1.Kiso 木曽
2.Asama 浅間
3.Hakuba 白馬
4.Hida 飛騨

Akira Miyazawa 宮沢昭 (ts,fl) Satou Masahiko 佐藤允彦 (p) Yasuo Arakawa 荒川康男 (b)
Takeo Moriyama 森山威男 (ds)

Rec-1970



中古の値段は需要と供給のバランスによって変動するのは重々承知の助ですが、一昔前の稀少な和ジャズレコードへの価格設定はひっくり返るような値付けがされており、最早笑うしかない状態になっておりますね。

はなから相手にしない、というか出来ない次元であるので「Think!」レーベルの復刻には飛びついてしまいました。特に宮沢昭の諸作はハードルが高かったので嬉しさも倍増でした。一昨年から『いわな』(Victor)、『木曽』(Victor)、『山女魚』(King)、『Musical Play in Jazz』(Union)、『Four Units』(Union)、『Now's the Time』(Takt)と6枚が復刻され、オーソドックスなものからフリーまで様々ですが、全てを取り寄せたのはもちろん内容の高さにも非常に満足していました。演奏のアプローチが広範囲に亘っているので一概にベストを決めることが難しいですが、このアルバムの存在感はあまりに圧倒的で個人的没入度が猛烈に高い一品でありました。この演奏のインパクトは最強でした。

この作品は簡単に云ってしまえばフリー・ジャズですが、そんなひと言では片付けられない深みと鬼気迫る迫力を兼ね備えた全4曲でした。宮沢の男らしい濃度の濃いテナーは存在感抜群で、3曲目の「白馬」で聴かれるフルートは荘厳です。フリーキーに走らずに感情をコントロールしつつも確固たるパッセージを発し感動します。佐藤のピアノは渦を巻き聴く者を引きずり込み、荒川のベースは自由度を増し旋回します。森山のドラムは精霊が降臨したかの如きパワーで、この演奏の凄さを高めている重要な役割を担っています。

日本を代表する山間地の地名を冠した4曲は、聴き手を凍りつかせるスピリチュアル・ジャズを展開し、我が凡庸なイカれ耳を破壊し撃ちのめします。

自分の求めるフリーの形が完全に具現化された稀有な演奏です。コレは一生モノです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/09(土) 18:31:00|
  2. Japanese
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#450 Man From Two Worlds/Chico Hamilton (Impulse) | ホーム | #448 Moods/Paul Quinichette (EmArcy)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/455-2ba96244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。