イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#452 On the Loose/Sharp Nine Class of 2001 (Sharp Nine-CD)

Sharp Nine Class of 2001


1.I Want More
2.Dedicated to Dad
3.Billy
4.For Fewer Words
5.Reassurance
6.The Quota
7.All is Not Lost
8.Bird Lives

Jeremy Pelt (tp) Marcus Strickland (ts,ss) Julius Tolentino (as)
Jeb Patton (p) Brandon Owens (b) E.J. Strickland (ds)

Rec-2000



最近若いミュージシャンの元気なジャズから沢山の活力を貰っています。もちろん自分にフィットする、しないの差異が生じるのは仕方のないことですが、新たにリリースされる新譜を聴くのが楽しく、その上で好みのプレイが飛び出してくれば小躍りして喜びます。

それと同時に気になったアーティストの関連作を追っかけていくのも実に楽しいです。どんどん派生して新たなミュージシャンを発見するのが何よりも嬉しいです。何度も触れていますが自分にとっては割と最近までジャズに対して十数年のブランクがありました。本質的には録音順に楽しむのが本筋であろうかと思いますが、逆に最近知った素晴らしいミュージシャンの足跡を遡って辿れるのは自分の特権であり、メリットがあると前向きに考えるようにしています。ただこの件もしつこく触れたのですが、なかなかCDが手に入らないという側面もあって往生するのですが、まぁ気長に向き合おうと思えば苦にもならずに逆に探す楽しみにも変えられます。

コレも結構手元に来るのに時間のかかった一枚。その分聴ける喜びもひとしおです。ストリックランド兄弟とジェレミー・ペルトが入っているので期待していました。マーカス・ストリックランド名義のアルバムを4枚ほど聴きましたが、年々表現方法を変遷させ近年の作品では斬新なアプローチを築いているので8年ほど遡ったこのアルバムの演奏を注目していました。リーダー作の『At Last』(Fresh Sound New Talent-2000)と同年の録音で、この作品でも参加のベースのブランドン・オーウェンズも名を連ねています。またジェレミー・ペルトのリーダー作に関してはMaxjazzの3枚のみを体験しており、ストリングス入りでヴァイオリンの大倉めぐみも参加したゴージャスな『To My Heart』(2003)、ストレート・アヘッドなものと軽いエフェクト効果でスパイスを効かせた『Identity』(2005)、エレクトリックでハードに迫るライブ『Shock Value : Live at Smoke』(2007)とヴァラエティに富んだ充実した内容が見られました。もちろんサイドで参加しているアルバムも良いものが多かったので期待は高まります。

シャープ・ナインに吹き込まれたこのセクステットは、近年の上記の作品に比べれば萌芽のような初々しいストレートなジャズが聴かれるので実に微笑ましく、一所懸命に取り組む若者の姿がダブり好感が持てます。ソロも奇を衒わずストレートに表現され活きの良さは瑞々しく輝いています。演奏のバランスもよく考えながらプレイしているようなそんな雰囲気。真摯に格闘する若者達の姿が上手く切り取られた佳作でした。立ち位置をココに定めて眺めてみれば、今現在彼らが求めている表現方法に新たな感慨が生まれます。さらにスタイルを磨いていって新たなる変貌を期待せずにおれない頼もしさを彼らには感じます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/12(火) 18:45:41|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#453 The Little Giant/Johnny Griffin (Jazzland) | ホーム | #451 Kid Ory the Great New Orleans Trombonist (Columbia)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/460-c0d88419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。