イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#463 Something's Coming !/Gary Burton (RCA Victor)

Gary Burton - Something’s Coming !


A
1.On Green Dolphin Street
2.Melanie
3.Careful
4.Six Improvisatory Sketches

B
1.Something's Coming
2.Little Girl Blue
3.Summertime

Gary Burton (vib) Jim Hall (g) Chuck Israels (b) Larry Bunker (ds)

Rec-1963



極めて感覚的な人間であることを自覚している。ジャズを聴く醍醐味として、例えば奏者のアドリブ等技術的な部分に対して、或いは演奏のバランスやハーモニーに対して、またはアグレッシブなプレイや情感溢れるプレイなどの表現方法に対して、一般的にはそういう部分に多くの注意が払われているのではないかと思うのですが、自分の場合はそれと同等、或いはそれ以上に楽器が放つ音(音質)という部分も重要になってきます。それは単純に自分の好みの音であるか否かだけのことであるのであくまで極私的なことであり、また説明が難しい部分でもあります。

コレはジャズのみならず、自分が楽しんでいるロックもメタルもテクノもフォークもその他諸々もジャンルに関係なく全てに当て嵌まります。テクニックに度肝を抜かして「凄い人がいるもんだ」と圧倒されたりしても、その技術的な凄さを認めつつも放たれる音が好きになれなかったりすることが侭あります。それにより手に取る回数が減ることも。こういう趣向が強いのは聴く側にとっては不幸なことであるのか考えたりすることもあります。その分意識的に聴く物に対して極力選好みを廃するように、何でも聴くように努力をしているつもりではあるのですが、傍からみれば結構偏っているのかもしれませんね。

御託を並べてしまいましたが、ヴァイヴであればゲイリー・バートンの音は当方にとってはまさにツボであります。どんなに優れた他のヴィヴラフォニストでも「音」という聴覚的な意味では彼の右に出るものがいないという、極めて偏執であり感覚的なものが自分を支配します。

このアルバムはギター入りのカルテットで、どちらかというと彼の傾向である品の良さに溢れており、ジム・ホールのギターがそれに拍車をかけます。とは云え結構骨っぽいところもあり、A-2~A-4は難しい曲を上手く解釈し野心的な部分も見えます。A-1,B-1,B-3などのグルーヴ感溢れる曲もありますが、この作品では彼の3作目(オムニバス・セッションを含めると4作目)ということも関係しているのか、デビュー作の『New Vibe Man in Town』(RCA Victor)と比較すれば明らかに新境地を開拓していることが解ります。

近況ではつい先日もチック・コリアとのデュオで、名盤の誉れ高い『Crystal Silence』(ECM)の続編といっていいのか、『New Crystal Silence』(Concord Jazz)がリリースされたばかりと、チックとのコンビも健在でまた美しいハーモニーを披露してくれています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/23(土) 21:52:36|
  2. Vibraphone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#464 Well-Tempered Alto Saxophone Suite, "Partita's-Unfinished"/Kaoru Abe (Nadja) | ホーム | #462 The Eric Byrd Trio (Foxhaven Records-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/471-a0ffa057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。