イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#464 Well-Tempered Alto Saxophone Suite, "Partita's-Unfinished"/Kaoru Abe (Nadja)

Kaoru Abe 阿部薫


A
1.α

B
1.β

C
1.γ

D
1.δ

Kaoru Abe (as) 阿部薫

Rec-1973



私のような凡庸な耳の人間にこの音楽を語るのが不可能であるのは判っているのですが、彼が放つ音を無心で繰り返し聴いている。

阿部薫の「彗星パルティータ」。その脇には「未完成」の文字。聴く前には少し気負って構えてしまったけれど、決してただの攻撃的な音楽ではありません。例えば魂の叫びとかそういう難しいことは解らないが、冥想するが如く眼を閉じて無になりながら、阿部のフリー・インプロヴィゼーションの極致を有難く戴いています。

阿部薫は1978年に29歳で夭逝されており、これは没後の1981年に未発表だった作品が陽の目を見たとのこと。「アルファ」「ベータ」「ガンマ」「デルタ」と四部に分けられ構築された組曲。2枚組みであるのでジャケの見返しには様々な著名人からの追悼文が捧げられている。ミルフォード・グレイブスやアーサー・ブライス、リー・コニッツ。日本のミュージシャンでは山下洋輔や近藤等則。作家の村上龍や五木寛之。他に坂本龍一や役者の殿山泰司等々。

アルト・サックス一本でここまで表現する凄さには戦慄を覚えます。どの程度まで彼の意とするところを自分が汲み取れているのかは、かなり怪しいのではありますが、必死に食らいつくような姿勢で接するような聴き方でなく、あくまでも自然に対峙して受け止めてみた上で、この演奏の重さを感じ取っているところです。沁みます。

阿部薫をWikiで調べてみたら簡単な略歴が載っていた。ブロバリン98錠を服用して中毒死。ブロムワレリル尿素は簡単に言えば睡眠薬。製薬会社のセールスだった私には複雑な感情が沸いてくる。この手のものの取り扱いの指導にかなりの神経を使っていた過去があるから。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/02/24(日) 02:37:48|
  2. Japanese
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#465 I'm Shooting High/Gildo Mahones (Prestige) | ホーム | #463 Something's Coming !/Gary Burton (RCA Victor)>>

コメント

ぬどいさん こんばんは。

阿部薫ですかあ~。デレク・ベイリーやエバン・パーカーに臨むより ある意味厳しいですね。私も何枚も聴きましたが...。

ぬどいさん お奨めのステファノ・ディ・バティスタとマーカス・ストリックランドの自身のレーベル2枚聴きました。なかなかです!! ライブ聴きたいですね。
  1. 2008/02/24(日) 21:10:35 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

sheppさん、こんばんは。

自分にとっても、ジャズを聴き初めの頃では到底理解不能だっただろう音楽と思いますが、案外スッと入り込むことが出来ました。逆にそのような感覚がこの音楽の深さに未だ触れられない証明であるかのような気もして複雑な心境です。

ディ・バティスタとストリックランドを楽しまれているようで何よりです。ストリックランドに関してはライブを本当に楽しみにしているのですが実現するでしょうかね?是非自身のグループで来日して欲しいですね!
  1. 2008/02/24(日) 21:29:12 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/472-c893dbe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。