イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#48 Impromptu/Billy Taylor (Mercury)

Billy Taylor


A
1.Capricious
2.Impromptu
3.Don't Go Down South
4.Muffle Guffle

B
1.Free and Oozy
2.Paraphrase
3.Empty Ballroom (Une Salle de Bal Vide)
4.At la Carrousel

Billy Taylor (p) Jim Hall (g) Bob Cranshaw (b) Walter Perkins (ds)

Rec-1962



A-1やA-3,B-1などのお気に入りを聴きたくて乗せてしまうレコード。連日の攻撃的なジャズに疲れたのでリラックス出来るこういう作品は体も神経も弛緩させてくれます。ジム・ホールを加えたカルテットで寛げる演奏になっています。

1940年代後半から1950年代前半にかけて多くの大御所と競演していて、以後に多数のリーダー・アルバムを吹き込んでいますが、このレコードはちょっと地味な位置づけをされているようです。

ビリー・テイラーは多才な人物で、ジャズ・ピアノの本を出版したり、DJをやったり、テレビ番組のハウス・ピアニストをやったり、更には自身で放送局を持ったりしていたようです。

個性に欠けるので人気が出ないという論評がありますが、裏を返せばどれを聴いても水準以上のデキで楽しめると思いますよ。そういえばオスカー・ピーターソンも、ものすごく上手いピアニストですが人気はイマイチのような気が・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2006/12/09(土) 00:00:59|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#49 Royal Flush/Donald Byrd (Blue Note) | ホーム | #47 How Many Clouds Can You See?/John Surman (Deram)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/49-4baea469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。