イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#488 Transpacifik/Bojan Z Trio (Label Bleu-CD)

Bozan Z - Transpacifik


1.Set it Up
2.The Joker
3.Flashback
4.Run Rene, Run !
5.Bulgarska
6.Z-Rays
7.Groznjan Blue
8.Sepia Sulfureux
9.Niner
10.Purple Gazelle (Angelica)

Bojan Zulfikarpasic (p,el-p) Scott Colley (b) Nasheet Waits (ds)

Rec-2003



ジャズの中でもかなり異色な位置づけの作品を連発するこのレーベルがかなり気になっており、自分にとって異様に入り込んでしまうものと全然受け付けないものが混合して存在しているラベル・ブルーという会社の作品は、なかなか内容を把握するのもおぼつかないくらいMP3等の確認音源が充分に満たされていない為、ある意味クジ引きのような感覚で懲りずに購入しています。そんな中自分のツボをエグってきたのがこのピアニストです。

ボヤンZこと、ボヤン・ズルフィカルパシチのピアノ・トリオ。近作『Xenophonia』(Label Bleu-2004,2005)の前のアルバムがコレ。『Xenophonia』は音が斬新且つ攻撃的で体験したことの無い興奮に喉が渇く思いでしたが、コイツも彼の出自が色濃く出たメロディに締め付けられる感涙の作品。いつものことながら彼の生まれであるセルビアのベオグラードに関しての知識は皆無であるのですが、この音楽を聴いていると、正しいとは云い難いでしょうが漠然としたイメージが湧き上がってきます。この作品でもフェンダー・ローズをスパイス程度に併用していますが極力抑えられており、上記近作よりはアコースティックな響きを主眼に置いた作りがされているような感じがする。そして相変わらずの鍵盤を叩きのめすが如きアタックの強いタッチにゾクゾクしてしまう。かなり無理があるかもしれないけれど、駄耳的解釈ではモンク的要素も微香で漂っているように感じました。100%のうちの3%ぐらいですが。

1曲目や2曲目は大好物であり、1曲目のメロディ・ラインと2曲目の低音の爆発は当方にはなかった発想が満載のものです。4曲目のハードな曲などはフリーの一歩手前で疾走するかのようなアグレッシブさが光る一品です。5曲目のようにブルガリアのトラッドを取り入れてみたり、8曲目のようにスローな曲でも手腕が光る。9曲目の繰り返されるリフにヤられ、10曲目はエリントンで〆る。このピアニストにはエリントン集などを制作して欲しいですね。絶対にマッチすると思うのですが。彼の表現方法は首尾一貫していますが、一辺倒の曲調のものだけではなくヴァラエティに富んだ選曲が楽しく、どちらかといえばこのレーベルの中では色がハッキリしたアーティストであると思います。

実は次作も物凄く期待しているのです。リリースの予定はあるのでしょうか・・・。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/19(水) 22:32:35|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#489 Roamin' With Richardson/Jerome Richardson (New Jazz) | ホーム | #487 First One Up/Darren Barrett (J Curve-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/496-2d807f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。