イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#499 Inverted Image/The Chris Anderson Trio (Jazzland)

Chris Anderson


A
1.Inverted Image
2.Lullaby of the Leaves
3.My Funny Valentine
4.See You Saturday

B
1.Dancing in the Dark
2.Only One
3.I Hear a Rhapsody
4.You'd be so Niec to Come Home to

Chris Anderson (p) Bill Lee (b) Philly Joe Jones (ds)
Walter Perkins (ds→onlyA-4,B-3,B-4)

Rec-1961



先月の4日、81歳で惜しくも亡くなられたクリス・アンダーソンのアルバムを聴いてみる。アンダーソンは存命中もハンディ・キャップと戦いながら活動を続けてきたピアニストだそうで、このアルバムは彼の稀少なこの年代の記録。全盲、半身不随などの辛い言葉が並んでいる。彼自身のアルバム自体も少なかったようですが、この作品が吹き込まれた60年代前半よりは晩年のほうが精力的に作品をリリースしていたようです。遡れば1950年にはチャーリー・パーカーとも共演し作品が残っているんですね。60年代前半に数枚、その中ではアルト奏者のフランク・ストロジャーの作品でも彼のピアノが聴けるようです。76年にミューズのクリフ・ジョーダンの作品に参加、そして80年代後半から2000年に掛けてNaimというレーベルを中心に複数の作品があるようです。知る人ぞ知るといった存在であった彼が、やはり日本では復刻され陽の目を見たわけで、私もその頃にこのアルバムを購入しています。今のところ自分の手元にあるのはこの一枚のみです。

一聴して個性の塊のようなピアノが出てきて集中してしまいます。自身のハンディと対峙し我流で身に付けたプレイはハービー・ハンコックにも強い影響を与えたそうな。独特のタイムのとり方がセロニアス・モンクを感じさせ癖になってしまう。訥々としたプレイや豪快なプレイが混在しメリハリが効いている。流暢に語るピアノの対極にあり自分のありのままを曝け出した光る個性がこのアルバムの全体を支配しています。一音一音が味わい深くこのスタイリストに強い感銘を受けさせられます。

もっともっと注目されて然るべきピアニストですが、相変わらず作品に接する機会が極端に少ない状況に置かれているようです。これを機に旧譜の復刻を願うところですがかなり望み薄のようにも感じています。このまま忘れ去られるにはあまりにも惜しいプレイヤーです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/30(日) 17:08:28|
  2. Piano
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<#500 Sadao Plays Ballads/Sadao Watanabe Quartet and Strings (Takt) | ホーム | #498 Now in Vogue/Teddi King (Storyville)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

かつて私もチャーリー ヘイデンとのデュオのアルバムを記事にしたことがあるのですが、クリス アンダーソンは非常に得がたい個性の持ち主だと思います。

ジャズランドと言うレーベルのおかげで彼の代表作と言うことになっているこのアルバムですが、初リーダーと言うわけでもないでしょうが緊張したのか思うように演奏ができていないようなもどかしさを感じます。
彼自身の好調時のプレイ振りを楽しむには、MapleshadeのソロアルバムかNaimの諸作が良いと思います。

寡作家ですが晩年にまとまった録音があるのは幸いだったと感じます。
  1. 2008/04/01(火) 04:23:11 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、おはようございます。

このアルバムの個性の強さは彼のハンディ云々の事実を私が知らなくても気になっていただろうと思うくらいにインパクトがありました。正確とはいえないタッチもそんな感情を抱かせる要因になっているのかもしれません。ただそんな部分もこの演奏の味わいのある要素として捉えていました。

>彼自身の好調時のプレイ振りを楽しむには、MapleshadeのソロアルバムかNaimの諸作が良いと思います。

やはりアーティストを多角的に見るには残した記録の全体を知ることは必須ですね。晩年の作品を是非聴いてみたいのですが現在手に入れるのは結構大変そうですね。いずれ出会えることを信じて気長にアンテナを張っておこうと思っています。
  1. 2008/04/01(火) 05:10:06 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

ぬどいさん、こんばんは。

以前に書いた記事が見つかりましたのでトラックバックさせていただきました。
よろしくお願いいたします。
  1. 2008/04/04(金) 01:06:12 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

TB有難うございました。早速読ませて頂きました。

で、以前拝見していたことを思い出しました(笑)。物覚えの悪さを恥ずかしく思います。バリー・ハリスがクリスをプッシュしていたんですね。いよいよNaim盤を聴きたくなってしまいました。しかもpiouhgdさんが入手されているではないですか!まだ間に合えばいいのですが・・・。
  1. 2008/04/04(金) 02:09:58 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/507-78445d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

個性派デュオの成果

\"None but the lonely heart\"         ノン バット ザ ロンリー ハート  Charlie Haden & Chris Anderson          チャーリー ...
  1. 2008/04/04(金) 01:04:09 |
  2. ジャズ屋未満トラキチ未満(Sonnyプロト版)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。