イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#503 Jazz Wave/Med Flory and His Orchestra (Jubilee)

Med Flory


A
1.Jazz Wave
2.Davy Jones
3.An Occasional Man
4.I Cover the Waterfront
5.Between the Devil and the Deep Blue Sea

B
1.Someone's Rocking My Dreamboat
2.Ocean Motion
3.Rapture
4.On a Slow Boat to China
5.Jonah and the Whale
6.Sea Chase

Med Flory (as,ts) Lee Katzman (tp) Jack Holman (tp) Al Porcino (tp) Ray Triscari (tp)
Lew McCerady (tb) Dave Wells (tb) Charlie Kennedy (as) Bill Holman (ts)
Richie Kamuca (ts) Bill Hood (bs) Russ Freeman (p) Red Kelly (b) Mel Lewis (ds)

Rec-1957



あんまり得意な方ではないかな。メッド・フローリー率いるビッグバンド作品。大編成が苦手なわけではないけれどちょっと聴き所を当方が掴めない状態。時間をかけて溶かしていかなければならないようです。このアルバムがある本に取り上げられていたので「確か持っていたなぁ」てな感じで探していました。なかなか見つからないのと殆ど内容を覚えていないのとで自分自身が全く関心を払ってこなかったことが判ります。その本には「メッド・フローリーとアル・ポーシノの双頭によるリハーサル・バンドの快演」とある。で、聴いてみた当方の結果が上記のような感想でした。また本の中でコンテ・カンドリがトランペットの一員としてクレジットされていましたが、ジャケ裏に表記は全くなくネットで拾った上記のメンツには含まれていませんでした。ですので正確性に欠けることをお断りしておきます。

若干のエコー掛かったサウンドが奥行きを持たせ、より以上の広がりを感じさせる録音になっています。ソロ・バトルのようなものを当方はどうしても期待してしまうのですが、この作品にはそういった要素は殆どありません。このバンドにその特性は無いようです。分厚いアンサンブルに短いパートのソロ交換はあるものの、更なる展開がなくて消化不良を起こしてしまいます。主役であるにもかかわらず、いわゆるバック・バンド的な印象をこのレコードでも感じてしまうのは彼らが狙っていることなのかそれとも彼らからすれば不本意であるのか。そこら辺の本質やら主眼やらがなかなか理解できない当方のダメっぷりは以前より拍車が掛かっているようです。

メッド・フローリーにしろ、アル・ポーシノにしろあまり認知されているとは云いにくい扱われ方ですが、どうやらフローリーはこのアルバムのタイトルである「Jazz Wave」という名を冠し今でも活動を行っているようです。どの程度の頻度で演っているのか、アル・ポーシノは未だに関わっているのか、そしてスタイルが不変であるのか。このアルバムがリリースされてから50年以上経った今、現在のバンドに対しては私自身不明な点が多いのですがなんだか嬉しくなってしまいました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/03(木) 17:59:32|
  2. Modern Big Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#504 Bouncing With Mr. A.T./Steve Grossman Trio (Dreyfus-CD) | ホーム | #502 George Lewis & New Orleans All-Stars in Tokyo (King)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/511-95667cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。