イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#504 Bouncing With Mr. A.T./Steve Grossman Trio (Dreyfus-CD)

Steve Grossman - Bouncing With Mr. A.T.


1.Afternoon in Paris
2.Soultrane
3.Why Don't I
4.Whims of Chambers
5.Medley : a) Extemporaneous, b) My Little Suede Shoes
6.Soul Eyes
7.C.T.A.

Steve Grossman (ts) Tyler Mitchell (b) Art Taylor (ds)

Rec-1989



このあたりの年代に録音されたCDは、いつも見つけるのに往生していてアレも聴きたいコレも聴きたいと涎を流す犬のようにウロウロと探し回っているのですが、この作品のように直ぐにビシッと買えるのは大変有難いものです。

イタリアはジェノヴァで行われたスティーブ・グロスマンのライブ。フォーマットは当方が大好きなサックス・トリオ。しかも白熱のライブアルバム。これは美味しすぎる。男らしいグロスマンの太いテナーが満喫できるのが嬉しい。ホットな内容に思わず前のめり。「Bouncing With~」の名の通りアート・テイラーも意気軒昂。濃い一撃に顔が弛みます。このライブの曲の中ではグロスマンのオリジナルはメドレーの前半の曲になる「Extemporaneopus」のみで、後は名曲が数多く取り上げられています。

何とも奔放な「アフタヌーン・イン・パリ」にニヤついてしまう。そしてイマジネーション豊かな「ソウルトレーン」やロリンズのナンバーもあってお得意のタフガイぶりを発揮、気分は最高潮になってしまう。この3曲目はグロスマンの魅力が存分出た脂度100%のラードのようなコッテコテのブロウが最高です。チェンバースの4曲目はベーシストの曲らしくテイラー・ミッチェルのベースをフィーチュア。モッサリしたグロスマンもいいですね。メドレーはスピード感抜群のオリジナルとパーカーのナンバーが合体。ブリッジにはアート・テイラーの「サキコロ」に出てくる「モリタート」張りのドラムがマッチしていて何とも微笑ましい。テンポの変化が面白いマル・ウォルドロンの6曲目に、ラストはジミー・ヒースの名曲。パワフルなテナーに汗がジワリ。チラリと聴こえる「ソルト・ピーナッツ」のフレーズに反応してしまう。

濃厚なサックス好きにはグロスマンは打って付けで、鼻息も荒くなる期待に違わぬ快演にお腹一杯であります。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/04/04(金) 22:10:16|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#505 For Dewey/Peter Delano (Nocturne-CD) | ホーム | #503 Jazz Wave/Med Flory and His Orchestra (Jubilee)>>

コメント

こんばんは

ぬどいさん、こんばんは。

グロスマン、良いですねえ。
オイラも大好きです。
特にこの時期(1990年前後)の作品が愛聴盤となっています。
アイデアがどんどん湧きあがってくる感じで、アドリブが冴えわたっています。
勿論、ぶっといトーンも魅力。
「く~~~、堪らん」という感じですな。 (笑)

ではでは。
  1. 2009/05/01(金) 20:50:00 |
  2. URL |
  3. nanmo2 #-
  4. [ 編集]

nanmo2さん、こんにちは。返答が遅れまして失礼致しました。

グロスマンいいですよね。イマジネーション溢れる旋律をタフなテナーで表現してくれるので私も大好きです。

>特にこの時期(1990年前後)の作品が愛聴盤となっています。

自分の場合はこの時期ジャズから離れていたので、この年代の音源には非常に疎いのです。今になって色々と聴いているのですが、本文中に書いた通りで入手するのになかなか難儀しています。廃盤になってしまうと中古でしか聴けないですし、田舎住まいですので手に入れる方法が限られてしまいます。廃盤になるサイクルが早いので個人的には往生しています。
  1. 2009/05/02(土) 14:14:06 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/512-a5012d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。