イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#505 For Dewey/Peter Delano (Nocturne-CD)

Peter Delano


1.Zoning
2.Sound Spirits
3.Inner Limits
4.For All We Know
5.Too Long to Wait
6.Every Time We Say Goodbye
7.Summer Song
8.If I Should Lose You

Peter Delano (p) Dewey Redman (ts→only1,2,5) Doug Weiss (b) Andres Hentze (ds)

Rec-Unknown



コレの録音年が良く判らない。新譜で出たばかりだけどデューイ・レッドマンの参加が3曲ある。デューイが亡くなられたのが2006年。てな訳で封入ブックレットをヒイヒイ云いながら読んでみた。仏語は当然解らず英語を吐き気をもよおしながら読解する。で完全に解釈不能に陥り勝手に結論付けてしまうのですがデューイの3曲に関しては1999年のような感じを抱いています。根拠を示したいのですがあまりに危うい読解力であるため引用することも自重しておきます。いい加減なことをウェブ上に晒すわけにはいかんので購入した方々で検証してください。つくづく英語だけでも初見で正確に意味を理解したいものです。こういう時に自己嫌悪に陥りますなぁ。この作品はデューイ・フリークには見逃せないアルバムということになるのでしょうかね。でもコチラはそんな意味合いでコレを引っ張ったわけではなく新譜として発売されていたのをたまたま知って聴いてみようと思っただけというのが本音であります。デューイ・レッドマンと聞いてオーネットの『New York is Now Vol.1』(Blue Note)や『Love Call』(Blue Note)『Friends and Neighbors』(Flying Dutchman)やキース・ジャレットのインパルスの作品群で止まってしまっている化石のような当方にはまだまだ彼は未知のアーティストになります。

このピーター・デラノという人は、何やら1993年と94年にヴァーヴから作品をリリースしていてその後ブランクがあったようで、この作品のレーベルであるNocturneのサイトを覗いてみれば2004年に大怪我をしたような記事も載っている(フランス語を翻訳サイトに掛けて理解したのですよ)。どうやらそれ以来のカムバック作品という位置づけのようです。当時はセンセーショナルなデビューだったようですが、ブランクたっぷりである当方にとっても当時のジャズ・シーンを知る由はなく今回初めて接した次第です。

このレーベルの作品はどうやら自分にフィットするものが多いようで、このアルバムも結構楽しめましたが特に圧倒的なインパクトを受けたのは3曲目。ピアノ・トリオのフォーマットでガンガンに攻め立てる演奏は勝手に描いていたイメージを打ち砕くに余りあるエネルギッシュな一撃でありました。この一曲のみでも聴いてみて良かったという気持ちになりました。前半に集中するモーダルなプレイが感性をビンビンに刺激してくれるのが嬉しい。リズムのキレもいい感じです。ただトータルで見れば決して一辺倒な作風ではなく中盤以降の4曲目や6曲目などでは叙情的なピアノをこなし、なかなかイメージが定まりにくいのも彼の個性でしょうか。デューイの参加した3曲はやっぱり彼の世界に引き込むかのような存在感のあるものに感じられました。個人的な好みは前半の曲かな。
  1. 2008/04/05(土) 19:53:01|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#506 Let Me Tell You 'bout it/Leo Parker (Blue Note) | ホーム | #504 Bouncing With Mr. A.T./Steve Grossman Trio (Dreyfus-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/513-92b3a3be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。