イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#529 The Way I Play : Live in Chicago/Bobby Broom (Origin-CD)

Bobby Broom - The Way I Play


1.Strike Up the Band
2.Donna Lee
3.Fly Me to the Moon
4.Airegin
5.Body and Soul
6.Unit 7
7.The Surrey With the Flinge on Top
8.Inception

Bobby Broom (g) Dennis Carroll (b) Kobie Watkins (ds)

Rec-2007



勘違いをしていた。ボビー・ブルームの名前を見て「あぁ、懐かしいなぁ」と思った。そしてココ最近のアルバムがクリスクロス辺りからリリースされているのでストレートなジャズで間違いないと思ってすぐオーダーした。最近ジャズに戻ってきた当方には、彼の名前と過去に聴いたそのサウンドが残っていたので健在ぶりに嬉しくなった。確かデビュー当時は打ち込みとヒップホップのライムの入ったようなスムースジャズのような感じだったよなぁとか回想したりして。でもその当時のCDを処分していたので漠然としてよく覚えていない。そして調べても彼のディスコにはそのアルバムらしき名前を見つけられない。やっとのことで変であることに気づきアチコチ調べ倒した結果全くの勘違いであることが判明する。事態を把握するのが遅すぎることに呆れ果て、とりすぎた歳と先天的な頭の悪さを改めて実感する。

勘違いの主は「ロニー・ジョーダン」(Ronny Jordan)。どこでどう取り違えるとこうなるのか自分自身でも全く解明できない。一応同じギタリストではあるけれどロニー・ジョーダンとボビー・ブルームのデビュー作が入れ替わって記憶されていた。当然そのスタイルまで真逆に。手元にあればもっと早く思い出していたかも知れないが一ヶ月近く勘違いは続いた。後日ロニーのmp3を聴いてみて改めて事態を把握した。ロニー自身の最近の路線は以前とあまり変わっていないようだ。転じてボビー・ブルームのデビュー作はどうだったのか。こうなるとすぐにメロディも浮かんできた。確かフュージョンぽい作りだった。そうだカセット・テープがあった筈だ。20年以上前に録音した、今は全く手付かずで仕舞い込んである数百本のテープを改めてひっくり返して探してみる。見つけた(一時間近く探した!)。そのタイトルは『Clean Sweep』(GRP)。ひと心地ついてノスタルジーに浸る。あぁ懐かしい。

ジャズを聴いていなかった長い間にフュージョンなどのエレクトリック路線からメインストリームに回帰するアーティストが増えたことは予想通りなので、今度は彼らがどのように変貌したのかが気になるところ。このボビー・ブルームの新譜は2007年のシカゴでのライブ・パフォーマンス。ざっと曲を眺めれば有名どころも並んでいるので馴染みやすい。何せデビュー時のフュージョン以外の作品を知らないので比較のしようがない。ただ上手いギターであったことは知っている。シンプルなギター・トリオという編成でストレートなジャズを演っている。カッコいい。自分の感覚では巧いというよりも上手くて美味い。派手さよりも深い味わいがある。徹底的にギターを味わい尽くせるのが嬉しい。リズムのバッキングもシンプル且つ抑えどころをわきまえた的確さ。コレは紫煙の似合うジャズに仕上がっている。実に贅沢な寛ぎを戴けて感激してしまった。今後とも追っかけていきます。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/01(木) 22:52:41|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#530 This Way/Myron Walden (Fresh Sound New Talent-CD) | ホーム | #528 The Forest and the Zoo/Steve Lacy (ESP)>>

コメント

ちょっとご無沙汰しております

ぬどいさん、こんばんは。

ボビー ブルームも大好きなギタリストの一人です。あまり知名度が無いのが残念に感じています。
以前に彼の参加しているオルガントリオの記事を書いていましたのでごらんいただければ幸いです。
http://nonsy.blog15.fc2.com/blog-entry-56.html

非常に上手く間をつかう人だなぁと思います。個人的にテクニックをひけらかさないところに思い入れを感じます。

私がちょっとお休みしている間にもぬどいさんは欠かさずにブログを更新しておられて感心しきりです。
コメントを残したい記事もたくさんあるんですが今日のところは明日のコンサートに備えて寝ます。
またおいおいコメントいたしますのでよろしくお付き合い願います。

  1. 2008/05/16(金) 04:05:28 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

こちらこそご無沙汰でした。

Sonnyさん、こんばんは。ロリンズ楽しまれたでしょうか。

彼の純粋なジャズを聴いたのは初めてでしたがボビー・ブルーム上手いですよね。20年ぶりくらいになりますか、久しぶりに彼の作品を聴きました。コレはライブ盤でしたがSonnyさんの云われるようにテクニックを誇示することなく味わい深く爪弾くような好盤でした。もともと初リーダー作の時に、彼のギター・センスが当方の好みに合致していましたので健在で嬉しかったです。記事通りのマヌケな勘違いをしていたのですが。

リンク先のログ拝読致しました。当然まだ聴いていませんので探してみようと思います。

>私がちょっとお休みしている間にもぬどいさんは欠かさずにブログを更新しておられて感心しきりです。

内容が伴えば皆さんのお役にも立てるのでしょうが、思い入れのみで正確性に欠く記事を毎日垂れ流しているのは、いささか恐縮もしています。ジャズ評論家諸氏の「素人ブログ」への非難をみるにつけ、身につまされる思いです。

>またおいおいコメントいたしますのでよろしくお付き合い願います。

こちらこそ、このような代物ですが引き続き宜しくお願い致します。
  1. 2008/05/16(金) 20:42:33 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/537-63731631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。