イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#532 African Tarantella /Stefon Harris (Blue Note-CD)

Stefon Harris


-From the New Orleans Suite by Duke Ellington & Billy Strayhorn-
1.Thanks for the Beautiful Land on the Delta
2.Portrait of Wellman Braud
3.Bourbon Street Jingling Jollies

-From the Queen's Suite by Duke Ellington-
4.Sunset and the Mocking Bird
5.The Single Petal of a Rose

-From the Gardner Meditations by Stefon Harris-
6.Memoirs of a Frozen Summer
7.African Tarantella
8.Dancing Enigma

9.[Untitled]

1~4,6~9

Stefon Harris (vib,marimba) Steve Turre (tb) Anne Drummond (fl)
Greg Tardy (cl) Junah Chung (viola) Louise Dubin (cello)
Xavier Davis (p) Derrick Hodge (b) Terreon Gully (ds)

5

Stefon Harris (vib,marimba) Louise Dubin (cello) Derrick Hodge (b)

Rec-2005



コレは渋い。最初はとっつきにくくてどうかと思ったがジンワリと渋さが伝わってきた。こりゃいい傾向だ。長く付き合えそうな気がする。

ステフォン・ハリスというヴァイヴ奏者のアルバム。複数の作品をリリースしていますが例によってコレが初めて接した作品。頭の上にタランチュラを乗せるという悪趣味極まりないジャケットで、どれだけおどろおどろしい音が飛び出してくるかと構えていたのですが、ダークな音感のオーケストラに拍子抜けしました。でも沁みてくるんですよ、だんだんと。HMVのサイトに記されている「非商業主義的」との文句に逆に惹かれて引いてみたのですが確かにコマーシャルなところが全く見えずその通りですわ。昨日聴いたEgea Orchestraと同様インテリジェンスを感じるものの、その質が違うというか当方にとって抵抗のないカッコ良さを実感することが出来る演奏に徐々に嵌り込んでいます。派手さの全くないプレイが逆に潔く感じられます。こういう作品に反応した自分がちょっと意外に感じられました。

この作品はエリントンとビリー・ストレイホーンに捧げられた作品。ハリス自身のゴージャスなオーケストレーションが展開され、ヒンヤリとしたクールに仕上げたサウンドが全編を支配しますが4曲目のように陽の部分を感じられる曲や、5曲目のように大編成から離れてヴァイヴにスポットをあてた小品も含まれているのがこのアルバムが単調にならない要因となっているようです。しかし全体的にメリハリを付けるとまでは云えず、あくまでも一本筋の通った統一感を与えています。7曲目のタイトル曲も良いですね。隠れトラックの9曲目はこの作品の中で一番ホットな演奏になっていてドラマーがパワフルに全体を鼓舞しています。

自分の趣向の範疇からかなり離れた作品との認識なのですが、思いのほかこのクールなサウンドにヤラれていて自分自身の新しい一面が開けたのかな、などと思っています。そもそも積極的に拾おうとしなかったタイプの作品ですので、彼を通じて受け入れ態勢を築いていければと思っています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/04(日) 03:09:36|
  2. Vibraphone
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#533 Serenata/Bobby Scott (Verve) | ホーム | #531 Di Mezzo il Mare/Egea Orchestra (Egea-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/540-e16e8642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。