イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#538 West Side Stories/Lonnie Plaxico (Plaxmusic-CD)

Lonnie Plaxico - West Side Stories


1.West Side Stories
2.Climb Every Mountain
3.I Want it to be
4.Robin's Dance
5.One Less Bell to Answer
6.Funkadelic
7.I Want to Know What Love is
8.Longer
9.Duke it Out
10.Speaking in Tongues
11.Your Love Speaks to Me

Lonnie Plaxico (b,key→only3) Gary Thomas (ts→only1,2,4,6,7,9,10) Ravi Coltrane (ss→only6)
Steve Coleman (as→only5,8) Gary Pickard (ts→only8) David Lee Jones (as→only11)
Alex Norris (tp→only1,2,4,6,7,9,10) Jeff Hermason (tp→only8)
George Colligan (hammond B3-org,p,el-p→1,2,4,5,6,7,8,9,10,11)
Kenny Grohowski (ds→only1,2,4,5,6,7,9,10,11)
Jeff Haynes (perc→only3,8,11) Khalil Kwame (bell-perc→6,7,11)
Cassandra Wilson (vo→only3,5,8,11) Carla Cook (vo→only7)

Rec-2004



ロニー・プラキシコのこのアルバムは猛烈なジャズ・ファンクでした。ビートの塊。そして目まぐるしく変わる旋律。こういうのは大好きです。ジャズとは云いにくい要素もありますが。

そもそもM-Baseという言葉を聞いた事はあっても、彼らが一時代を築いていた10数年前に当方が全くジャズから離れていた為、漠然とイメージするもの以外に当方には何の知識もありません。ですからその中枢で活躍し、このアルバムでも存在感を示しているスティーブ・コールマンやゲイリー・トーマスやカサンドラ・ウィルソンのリーダー作は一枚も聴いたことがない為、連想から来るイメージでしか捉えることが出来ません。このアルバムでの方向性も一貫しているので似たような感じなのだろうと思うのですが決め付けるのはやっぱり良くないのかな。ということでウェブで調べてみたら・・・。

M-Base(マクロ・ベース)。特徴としてリズムが複雑である、変拍子の多用、伝統的フレーズを使わない等々既成のジャズから踏み出した解釈を掲げ、ブラック・ミュージックの利点を取り入れているとのこと。なるほど、M-Base一派が集合した作品とユニオンのHPで説明されているこのアルバムの内容はその通りで、一聴した時の感想は冒頭に述べた通りの印象でした。オーソドックスなジャズ愛好者からすれば、恐らくこれは違うジャンルの音楽として受け取られる類のサウンドなのでしょうか。

先の展開が読めないメロディ・ラインのビートの強い曲と、ソウル・ミュージックを彷彿とさせるヴォーカル・ナンバーが交互に配置されたような感じでなかなか濃厚です。7曲目に聴いたことがある曲があるなぁと思ったら、フォリナーの大ヒット曲だったりして柔軟なセレクトがこのバンドのカラーにマッチしており面白いところです。メンバーが曲ごとに変わり付け合せ作業が大変ですが、前述の通り筋が通っているのでバラバラな感じは全くしません。ジャズにとっては亜流なのかもしれませんが当方にとっては新鮮で歓迎できる連中なのでした。前に聴いていた『Live at the 5:01 Jazz Bar』(Plaxmisic)も強烈で、何度も聴いていただけにこの作品も充分楽しめました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/10(土) 21:33:46|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#539 Piano for Nuria/Tete Montoliu (MPS) | ホーム | #537 Songs From the Heart/Johnny Hartman (Bethlehem)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/546-215e1a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。