イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#541 Live at the Royal Festival Hall/John McLaughlin Trio (Winter & Winter-CD)

John McLaughlin - Royal Festival Hall


1.Blue in Green
2.Just Ideas - Jozy
3.Florianapolis
4.Pasha's Love
5.Mother Tongues
6.Blues for L.W.

John McLaughlin (ac-g,g-synth) Kai Eckhardt (el-b) Trilok Gurtu (ds)

Rec-1989



ドイツのレーベルであるウィンター&ウィンターが、その前身と云えるJMTというレーベルのレア盤を統一されたデザインで81枚復刻したうちの一枚で、コレは35番ということになっています。強化ダンボールのような素材で作られたジャケットはかなり個性的で堅牢な作りは目を見張りますが、如何せんCDの出し入れが非常に難儀でどうにかならんかと思います。出すのは問題は少ないのですが、しまう時にCDを差し込む縁の切れ目が非常に入れにくく毎回往生しています。個人的にはプラケース崇拝者で割れても代替品の都合がつきやすいのが便利で有難いのですが、デジパックであるとかこういう特殊な入れ物は不良の多い外盤ですと確率的にカスを掴まされることも多く、爪折れとかの場合に応用が利かないのが腹が立ちます。最近ではヨーロッパの一部の盤で採用されているスーパー・ジュエル・ボックス(Super Jewel Box)というケースは良いですね。4つのコーナーが丸みを帯びていて、ケースの側面を指の腹で押すと蓋の開くヤツ。コレに統一してもらいたいくらいによい感じです。

インナーのブックレットにオリジナルのジャケットがレイアウトされていました。

John McLaughlin - Royal Festival Hall (Booklet)

ロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライブ盤。この作品はトリオ編成で中心はアコギになるのですが、ギター・シンセなども導入したこの時期のスタイルを感じさせる内容。若干のスペイシーさを感じさせるトラックも含まれているこのライブを聴いていたら、1992年のドラム・シンセを導入した『Que Alegria』(EmArcy)という作品を思い出したよ。ただエレクトリックを中心とした奇抜な演奏は含まれておらず、あくまでもマクラフリンのギター・プレイを中心に据えられています。ヴォイス・パーカッションなどを効果的に使用し、マクラフリンの世界観が良く表れた好内容でした。

ウィンター&ウィンターはクラシックや現代音楽まで網羅したレーベルですが、ジャズではM-Baseやフリーなどのカタログが多く、目下の狙いはティム・バーンの諸作品を聴いてみたい衝動に駆られています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/13(火) 19:01:25|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#542 Prime Directive/Dave Holland Quintet (ECM-CD) | ホーム | #540 Generations/Georges Paczynski Trio (Arts & Spectacles-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/549-3bb6c67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。