イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#552 Diz Big Band/Dizzy Gillespie (Verve)

Dizzy Gillespie - Diz Big Band


A
1.Roses of Picardy
2.Silhouette
3.Can You Recall
4.O Solow

B
1.Cool Eyes
2.Confusion
3.Pile Driver
4.Hob Nail Special

Side-A

Dizzy Gillespie (tp,vo) John Barrows (fr-h) Jim Buffington (fr-h)
Jim Chambers (fr-h) Fred Klein (fr-h) Danny Bank (bs) George Berg (woodwinds)
Jack Greenberg (woodwinds) Tom Parshley (woodwinds) Wynton Kelly (p)
Percy Heath (b) Jimmy Crawford (ds) Johnny Richards (arr.,cond.)
and 9 strings

Side-B

Dizzy Gillespie (tp) Quincy Jones (tp) Jimmy Nottingham (tp) Ernie Royal (tp)
Leon Comegys (tb) J.J. Johnson (tb) George Mathews (tb) George Dorsey (as)
Hilton Jefferson (as) Hank Mobley (ts) Lucky Thompson (ts) Danny Bank (bs)
Wade Legge (p) Lou Hackney (b) Charlie Persip (ds) Buster Harding (arr.)

Rec-1954



ディジーお得意のビッグ・バンド。A面は9月16日、B面は9月15日の録音でオリジンはノーグランからのリリース。それぞれ違う2セットでの演奏ですが、使用される楽器が全く異なっているので雰囲気も全く違います。

A面は50年代の映画のサントラとも云われれば信じてしまうようなそんな雰囲気。ディジーのクリアで抜けの良いトランペットが美しく、時折魅せるハイ・ノートが素晴らしい。敢えて云えばジャズ的な要素が薄く、ともすればポピュラー・オーケストラの様相を呈しますが、絶好調のディジーのトランペット以外にも当方には聴き所がありまして、それはウィントン・ケリーのピアノです。オーケストラのバランスを重視されたサウンドですのでなかなかソロを執る訳ではないのですが、突如浮き上がってくるように侵入してくるケリーのピアノは注意を惹かれるのには充分な存在感があります。A-4にはディジーのコミカルなヴォーカルが挿入されていて、前の3曲とはちょっと違う愛嬌のある雰囲気に仕上がっています。

続くB面の方が圧倒的にジャズ・ファンには訴求力があるメンバーだと思います。当然サウンドも、如何にもディジーの定番ジャズ・ビッグバンドとの印象を受けるパワフルな展開を持ったプレイを披露しています。ソロの比重も高くなりフルバン本来のゴージャスさも兼ね備えたカッコ良さです。ディジー以外ではJ・J・ジョンソンとラッキー・トンプソンのパートが多いのですが、ラッキー・トンプソン好きの小生にとってはちょっとした青臭さが残る垂涎モノのソロが聴ける事が嬉しい。

ブラスの醍醐味が味わえるB面が当方にとってのベストになりますが、一日違いで全く違うアプローチで録音するという企画はなかなか興味深く、その妙味を楽しめるという意味では意義深い内容の作品だと思います。まぁ比較的マイナーな扱いを受けている作品ですが。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/24(土) 23:16:53|
  2. Modern Big Band
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#553 One Long String/Red Mitchell Trio (Mercury) | ホーム | #551 Modernistic/Jason Moran (Blue Note-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/560-0dec153d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。