イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#553 One Long String/Red Mitchell Trio (Mercury)

Red Mitchell - One Long String


A
1.One Long String
2.Peggy
3.Narbild
4.Undertow

B
1.Total Tumult
2.Stella by Starlight
3.Pojken I Grottan
4.When I Have You

Red Mitchell (b) Bobo Stenson (p) Rune Carlsson (ds)

Rec-1969



1968年にストックホルムに渡ったレッド・ミッチェルは、必然的にヨーロッパのレーベルに沢山の作品を残しています。ですので後年は必然的にヨーロッパのミュージシャンとの共演モノが多いことになります。この作品は渡欧の翌年の吹き込みになります。

当時の流行を色濃く反映した、と云いたいところですが比較的あっさりめのサイケデリックな色合いのデザインのジャケットであるこの作品には、現在もECM等に録音を継続し続けているスウェーデンのピアニスト、ボボ・ステンソンをフィーチュアしたピアノ・トリオのフォーマットで録音された作品です。レッド・ミッチェル自身もベーシストとなる前まではピアノを専門でプレイしていたそうですし、当方の知っている範囲では実際に自身の宅録作品となる『Home Suite...』(Caprice)などではピアノを前面に出した部分を持った作品も吹き込んでいます。ステンソンに関しては、当方が彼の作品を聴けていないので近年のプレイとの比較のしようがないのですが、彼は60年代前半から活動を始めたと言う事なので割と初期の作品になること(この作品の頃は24歳だったそうな)と、且つ彼のスタイルが確立された時期にあたるとの言及があるので興味深いものがあります。

A-1,A-2,A-4,B-1B-4の5曲がレッド・ミッチェルのオリジナル、B-3がボボ・ステンソンのオリジナルになります。リリカルなステンソンのピアノと、メロディアスなミッチェルのベース・ソロがタップリ割かれた内容になっています。レッド・ミッチェルのベースは縦横無尽の大胆なラインを執っていくので、追っかけて聴いていく事が非常に楽しいのです。もちろんこのアルバムでもそのベースワークが満載で、自分の作品である事をベースで主張するかのような活躍です。一方のステンソンは理知的なプレイで淡々としており、アグレッシヴさをさほど感じることはありませんが、美しくピアノを鳴らすことに長けているようです。ステンソンと同じくスウェーデンのドラマー、ルネ・カールソンは小気味良さの際立つプレイが気持ちよく堅実なプレイが光ります。

一番気にいったのが、彼らのオリジナル曲を差し置いて美しい印象的なメロディを持った3拍子のA-3でした。それとこのトリオからはあまり想像できないモーダルなアプローチが冒険的に聴こえるB-1なども注意を惹く印象的なトラックでした。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/25(日) 22:44:51|
  2. Bass
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#554 Dodo's Back !/Dodo Marmarosa (Argo) | ホーム | #552 Diz Big Band/Dizzy Gillespie (Verve)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/561-828ca004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。