イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#557 The Suitcase - Live in Koln '94/Steve Khan (Tone Center-CD)

Steve Khan - The Suitcase


Disc 1
1.Where's Mumphrey ?
2.What I'm Said
3.Blue Zone 41
4.Melancholee
5.Played Twice
6.The Suitcase
7.Dr. Slump
8.Blades

Disc 2
1.Guy Lafleur
2.Uncle Roy
3.Eyewitness
4.Capricorn
5.Dedicated to You
6.Caribbean Fire Dance
7.Mr. Kenyatta

Steve Khan (g) Anthony Jackson (contrabass-g) Dennis Chambers (ds)

Rec-1994



この作品が正規にリリースされて3ヶ月ほど経ちましたでしょうか。リリース直後に手に入れてそのサウンドに感心し、ココで聴いているオッサンは妙な笑みまで浮かべる始末で、その凶暴なリズムに「まいったなぁ」と頭を掻き、一度この音を取り込んだら最後、繰り返し聴くことを余儀なくされてしまうインパクトの強いライブ盤でした。そもそも狙いはデニス・チェンバースだったのですが、スティーヴ・カーンのスマートなプレイが実に格好良いし、アンソニー・ジャクソンも暴れているしで久しぶりにこういうサウンドのものも良いなぁ、と思わされました。

スティーブ・カーンの認識は、ろくに経験をしていない当方にとっては単にフュージョン・ギタリストという位置づけでした。どんなプレイかもあまり知らなかったのでmp3で聴いてみれば、理知的なというか冷静なクールに決めたプレイが聴こえてきたので意外だった。加えてデニス・チェンバースはジョン・スコフィールドの来日のときに実体験し、あまりのド派手なパフォーマンスに度肝を抜かれ、半分魂も抜かれたような状態で帰宅した経験があるので、同様にライブ・パフォーマンスであるということで否応無しに期待させられていたのです。そしてアンソニー・ジャクソンに関してもフュージョン畑でマルチに登用されていたので凝り固まったイメージが出来上がっていたのですが、凄くジャジーな音だったので聴かずにはおれない衝動がありました。

そもそもこのブート音源を聴いたカーンが、あまりの出来の良さに正規に流通させたといういわく付きの作品なのですが、クサレ耳の当方でもこのパフォーマンスの素晴らしさは聴けば納得、平伏します。フュージョン・イメージを描いていた当方には、このサウンドはジョン・スコ・グループでのサウンドと比較すればキーボードがいないこともそうなのですがアプローチの仕方が明らかにジャズ寄りであり、実にホットなギター・トリオです。派手めなサウンドに注意が行きがちで、実際に凄いパフォーマンスであるのでその部分は仕方ないことではあるのですが、繰り返し聴いているとカーンの力量をより確かに計れるのが静かな楽曲にあることがよく解ります。ギター・フィーリングはまさしくジャズであり、渋くキメるカーンの後ろで重戦車のように煽るリズムの対比がこのグループの聴き所のような感じがしています。

無条件にカッコいい音で、聴いているものがマンネリ化してきた時に刺激を与えるカンフル剤のような使用方法でコレをかけるようにしています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/05/29(木) 21:12:22|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#558 Into the Blue/Nicholas Payton (Nonesuch-CD) | ホーム | #556 Filles de Kilimanjaro/Miles Davis (Columbia)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/565-8afe64c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。