イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#565 The Jackie Mac Attack Live/Jackie McLean (Birdlogy-CD)

Jackie McLean - The Jackie Mac Attack Live


1.Cyclical
2.Song For My Queen
3.Dance Little Mandissa
4.Minor March
5.'Round Midnight
6.Five

Jackie McLean (as) Hotep Idris Galeta (p) Nat Reeves (b) Carl Allen (ds)

Rec-1991



Birdlogyの音源をDreyfusが2002年にリマスターし、ジャケットをオリジナルからこのデザインに変更してリイシューさせた作品。

この作品を以前Sonnyさんが取り上げていて、タイトルの力強さに惹かれて即聴いてみました。全く知らなかったサイドのメンバーは、Sonnyさんの記事によればともに教鞭を執った仲間との競演とのことで気心知れたメンバーのようです。かれこれ一年近く聴き続けていますが今やマクリーンの中でも一番良く聴く作品になっています。何せジャッキー・マックがアタックするライブであるので興奮度が違います。実にホットです。彼のオリジナルは4曲目と6曲目に奏されています。

ここでのマクリーンは実にアグレッシヴで豪放磊落なアルトが疾走する堪らない勢いを感じさせます。これはベルギーでのライブなのですが冒頭の曲からものすごい飛ばしようで、まさにつかみのこの一曲でこのライブの熱気と素晴らしさを証明しています。特に煽り立てるピアノが秀逸でマクリーンとともにエンディングまでなだれ込むサマは息をのむ迫力で、終盤のドラム・ソロでトドメを刺されます。2曲目に対照的なものを持ってきていますが演奏自体はエネルギッシュでピアノが冒頭の曲に負けずに良い効果をもたらしています。3曲目は素晴らしいメロディを持つルネ・マクリーンの曲でテンポの変化を持たせた印象的な曲です。自身の曲である4曲目も吹きまくっています。モンクの5曲目だけがアルバム全体の流れから若干異質な光を放っています。ラストの6曲目はマクリーンのソロでの導入から始まり、メンバー紹介を兼ねてエンディングへと流れていきます。マクリーンの特徴のあるピッチはいつの時代を聴いても不変で、これでなければ彼ではないと逆に納得させる潔さがあるのが凄いところです。またSonnyさんも触れておられますが、本当にピアニストが大変素晴らしく、このライブの肝を握り且つ引き締めたりと八面六臂の活躍です。

ビッグ・ネームのアーティストに関して一般的に語られている、さも確定されているかのような論調や関連作のみを追っかけていけば、こういった後年の作品はその対象から洩れ易く場合によっては巡り遭えない訳で、このアルバムを聴いたとき勝手なイメージで決めつけることがいかに無益なことであるかを悟ったのでした。他のビッグ・ネームにもかなり当て嵌まりそうです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/06(金) 20:30:14|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<#566 Anita O'Day in Tokyo '63 (Polydor) | ホーム | #564 "Live" at the Half-Note the Art Farmer Quartet Featuring Jim Hall (Atlantic)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

トラックバックありがとうございました。

いつも言うことの繰り返しなのですが、ジャズは決して50年台をピークとして終わってしまった音楽ではありません。

ぬどいさんのように開かれた耳をお持ちであれば、この作品をお聴きくださればそのことは自明であると思います。

マクリーンはその作品に浮き沈みはありますが終生ジャズを体現する人生であった人だと感じます。

この作品が気に入ってもらえたならぜひトリロカあたりのルネを擁した作品もお聴きください。
間違いなく気に入ってもらえると思います。

毎度推薦の作品をお聴きくださり感謝いたしますm(__)m。
  1. 2008/06/07(土) 02:37:47 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

このアルバムをご教示戴き、それまで当方が抱いていたマクリーンの作品に対する固定概念が崩れ、このライブが持つエネルギーにヤラれっぱなしです。スタイルからして様々な一面を見せる彼ですが、ここまでストレートにジャズを表現されるとものすごく爽快です。凝り固まった通説のみを参照すれば、当方にとって永遠に気づくことのない未知の作品になるところでしたので門戸を広げて下さり有難く思っております。ますます知らない世界へとのめり込む勢いです。

Trilokaと云うレーベルは初めて知りました。先ほどCD量販サイトを探索しましたら結構複数のジャンルの面白そうなものが並んでいたので期待出来そうです。ルネの作品がなかなか入手困難そうなので大変かもしれませんが気長に網を張っておこうと思います。
  1. 2008/06/07(土) 03:39:23 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/573-8a49e617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

92年ベルギーでのマクリーン

\"The Jackie Mac Attack Live\"(birdology)      ザ ジャッキー マック アタック ライヴ    Jackie McLean    ...
  1. 2008/06/07(土) 02:39:52 |
  2. ジャズ屋未満トラキチ未満(Sonnyプロト版)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。