イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#569 Into the Dream/Olav Kallhovd Trio (Acoustic Records-CD)

Olav Kallhovd - Into the Dream


1.Into the Dream
2.Wondering
3.The Tree
4.Transformation
5.See for Yourself
6.All Rivers Ends in the Ocean
7.Patience and Presence Part 1
8.Patience and Presence Part 2
9.Lullaby

Olav Kallhovd (p) Ole Marius Sandberg (double-b) Magnus Forsberg (ds)

Rec-2005



読めない。オラフ・カルホフト(コルホフト?)。それともカールホフトてな感じで伸ばすのかな。考えつく日本語で検索しても出てきませんでした。ノルウェーのピアニスト。このアルバムを買ったのは一年以上前なのですが、あまりに静寂なのと透明感のある綺麗さが逆に災いして退屈になってしまい、しばらくの間寝かせていました。半年ほど前、彼の新譜である『Dancing Trees』(Acoustic Music)がリリースされ、今度はサックスが入るという事で性懲りもなくまた取り寄せてみましたが、コーラスのようなヴォイスが入ったりと個人的には何とも言いようのない音楽で、またもや自分の好みに合わず閉口しました。ただ今日取り上げた作品を何度か試してみるうちに少しずつ引っかかるところが出て来てよい傾向に向かっています。自分にとっての趣向では内容に関して諸手を挙げて喜ぶ事は出来ないのですが徐々に浸透させている状態です。クラシカルな響きが好きな方にはもってこいのピアノ・トリオになると思います。そして恐らく水準が非常に高いものであろうとイカれ耳のオヤジは敢えて断言してみます。

ピアニストを初めとしてリズム陣を含めた全てのミュージシャンを全然知りません。ちなみに上記の新譜ではリズム陣を一新しています。1曲目のような美メロを持つナンバーも良いのですが、当方には2曲目や3曲目のような旋律の読めないメロディに荘厳な響きを醸すリズムが重なるナンバーの方が引っかかります。殆どの曲が静寂さと深遠さを併せ持ち、一音一音のピアノの鳴りが深く重く美しく、ベースが沈み込み時にはアルコで奥行きを与え、ドラムのシンバルが透明な凛とした空気感を作り出しています。敢えて変な表現をしておきますが洞窟の中で録られたかのような瑞々しさで、これは反響音という意味合いよりも奏でられた音に対しての奥行きの持たせ方がそういうイメージを抱かせるという事です。

これは北欧ものですが、例えばエンリコ・ピエラヌンツィやダグ・アルネセン(アーネセン)、ミシェル・ビセリア、ピーター(ペーター)・ローゼンダールあたりのピアノに共感する方には受け入れられ易そうな気がします。何せレーベルがアコースティック・レコードですから。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/10(火) 20:00:02|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#570 Another Dimension/Charles Bell and the Contemporary Jazz Quartet (Atlantic) | ホーム | #568 Night in Fonorama/Franco Tonani (Rearward-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/581-66fcd9a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。