イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#598 Up Up With The Jazz Convention (Schema-CD)

Up Up the Jazz Convention


1.Angento D'Africa
2.Modal Convention
3.Mira
4.Team Spirit
5.Memory of a Dream
6.Unit 7
7.Amanda
8.Mr. Kenyatta
9.That's the Way it is
10.Saluti dalla Penisola

Fabrizio Bosso (tp) Gaetano Partipilo (sax) Gianluca Petrella (tb)
Ettore Carucci (p) Stefano Bollani (p) Giuseppe Bassi (double-b)
Fabio Accardi (ds)

Rec-1997



少し前のことになりますが、Schemaの一連の旧譜復刻の中にこの作品も入っていたので聴いてみた。単純に約10年前のファブリツィオ・ボッソのプレイを聴きたかったという要因が一番大きかったのですが。エンリコ・ラヴァと演っているステファノ・ボラーニも入っていたので気になっていました。

ジャズ・コンヴェンションというグループですがファブリツィオ・ボッソの履歴の中にある一つのグループという認識しか持っていません。ボッソに関してはスキーマ・セクステットやハイ・ファイブ・クインテットなど、固有の名前を冠したコンボで活動する事が過去から多かったことも認識していました。で、このアルバムを手に入れる機会が出来たのでちょっと聴き比べてみようと思い立ったというのが入手するきっかけです。とは云え今なお現在進行形でディグしている当方としてはボッソに関しても相変わらず数枚程度の経験値しかなく、「ハイ・ファイブ」の2枚と「スキーマ・セクステット」、サウンドヒルズから出ているフラヴィオ・ボルトロと演っているものとピアノのマイク・メリロと演っているもの、それとデビュー・アルバムの『Fast Flight』(Red)ぐらいしか聴けていません。いずれも槍のように尖ったペットが堪らないもので少なからず期待も高まります。

ジャケットの表裏には6人分のメンバーのみ列記されていますがジャケットを広げるともう一人のピアニスト、エットーレ・カルッチの写真と名前がクレジットされていました。どういう形で関わっているのかライナーを読めば理解出来るのかもしれませんが、元来のモノぐさな性分、英語を暫く眺めていたら具合が悪くなってどうでもよくなってしまいました。

Schemaはクラブ・テイストのジャズをリリースしている会社との認識をされていることは当方はよく知らなかったのですが、なるほどそう言われればそんな感じもしてきます。バリバリとプレイを誇示するような感じではなく実に耳ざわりが良く、かといってふやけたサウンドとはいえない聴き所もあり、まさしくクラブ・ジャズという概念に嵌め込むに適当な音楽といえるのかもしれません。自分としては物足りなさというものよりもサウンドのカッコ良さの方が先にきて、このジャズは充分楽しめるものであり且つ満足も出来ました。個人のソロ・プレイよりも全体的なサウンドの作り方に関心が行きがちなのは否めないところではあるのですが、決して凡庸なものという意味ではありません。内面を曝け出すというよりも洒落ているという感覚が強いジャズではあると思いました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/09(水) 22:55:14|
  2. Combo
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#599 Our Man in Paris/Dexter Gordon (Blue Note) | ホーム | #597 West Coast Blues !/Harold Land Sextet (Jazzland)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/585-2dd9a490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。