イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#572 Starbright/Pat Martino (Warner Bros.)

Pat Martino - Starbright


A
1.Starbright
2.Eyes
3.Law
4.Fall
5.Deeda
6.Starbright Epilogue

B
1.Masquerada
2.Nefertiti
3.Blue Macaw
4.City Lights
5.Prelude
6.Epilogue

Pat Martino (g,syn) Gil Goldstein (key) Warren Bernhardt (syn)
Michael Mainieri (syn) Al Regni (fl) Joe D'Onofrio (vin)
Will Lee (b) Charles Collins (ds) Michael Carvin (ds) Alyrio Lima Cova (perc)
Marty Quinn (tablas)

Rec-1976



パット・マルティーノは好きなギタリストで、自身の経歴の中では健康の問題も含め波瀾万丈を経てきましたが現在は復活し活躍しているプレーヤーです。ブランクがあるとはいえ彼のキャリアは長いので吹き込まれた作品も結構ありますが、この辺りのレコードは殆ど顧みられることはないようで自分自身も持っていることを忘れていたような有様です。

ただこれはどちらかと云えばフュージョンであり、曲によってはジャズとは少し離れた内容と云わざるを得ないサウンドになっています。そもそもフュージョンを全く否定しない当方ですが、さほど楽しむことが出来ず聴き所を探すような感じになってしまいました。そういう意味では純粋にマルティーノのギター・プレイに特化して聴いてみれば意外と気にならないかなぁとも思うのですがどうでしょう。

タイトル曲のA-1はオリエンタルなムードを持つナンバーですがちょっと好みに合いません。A-3などは若干のファンクっぽさと近未来的効果を狙っているようなのですが奇を衒い過ぎではないかと思います。A-5もファンク的味付けにちょっと厳しいものがあります。ただ、A-2,A-4,A-6の間に置かれたようなブリッジ的要素もある1~2分程度の短めのナンバーが少ない装飾とともにマルティーノのギターの魅力を充分に反映しているのではないかと感じました。B面は比較的奇抜さは抜け、アコースティックな響きを持つものが多く配置されています。B-1はタブラを使用した印象的な曲、B-2はマルティーノの爪弾かれるギターがいい感じです。B-5のアコギはなかなか聴かせてくれました。この曲が当方にとってのハイライトになります。やっぱりブリッジのような役割のB-2,B-4がギターという観点から見ると滋味深さはあると思います。

この作品は当方の大好きな名盤『Exit』(Muse)と同年の録音なのですが随分対照的なアプローチだなぁと思います。彼は以後80年頃までMuseでのウィリス・ジャクソンのサイドで仕事をしているのですがその後に脳腫瘍(記憶喪失になってしまった!)でのブランクがあり、またリーダー作は76年以降は無く87年の『The Return』(Muse)で戻ってくるまでありません。最近の作品は相も変わらず後追いですが、ウェスをトリビュートした近作の『Remember』(Blue Note)は結構楽しめました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/13(金) 22:41:34|
  2. Guitar
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#573 Summer Night/Mike Wofford Trio (Milestone) | ホーム | #571 Young at Heart/Grant Stewart (Sharp Nine-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/589-7d85aa57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。