イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#603 Ecoutez Moi/Sebastien Paindestre Trio (Jazzseb-CD)

Sebastien Paindestre


1.Le Tourtour
2.Le Beau Cierge
3.Jeux de Quartes
4.Stella by Starlight
5.La Java de la Luna
6.Certitude - Solitude
7.Les Brenots
8.United We Waltz

Sebastien Paindestre (p) Jean-Claude Oleksiak (b) Antoine Paganotti (ds)

Rec-2003



フランスのピアニスト、セバスチャン・パンデストルのファースト・アルバム。数ヶ月ほど前に通販サイトでプッシュしていたのと、オーダーも結構かかっていたようで便乗して聴いてみる事にしました。何やら入手困難盤だったようで復刻されていたものをオーダーした次第です。ちなみに今年リリースされているセカンドはまだ聴いていません。また彼のプロフィールやリズム陣の予備知識も全くありません。良いのか悪いのか判りませんが、当方が聴く近年の若手のジャズは全くの先入観のない無垢の状態のところから全てがはじまります。少しぐらい情報を拾った方がいいのかもしれませんが。

フランス語表記の6曲(1,2,3,5,6,7)が彼のオリジナル。演奏は結構ヴァラエティに富んだ内容だと思いました。1曲目や3曲目のモーダルな演奏から2曲目の耽美的なプレイ、定番曲の4曲目はベーシストにもソロをタップリと割いたリリカルさ、5曲目はアグレッシヴなピアノが聴かれ、6曲目は内省的なシットリとした曲、7曲目は落ち着きがありながらスリリングさも味わえるワクワクさせてくれる曲です。ラストの8曲目はパワフルで情熱的なピアノが聴く事が出来ます。全8曲の配列は動と静が交互に編まれておりメリハリ感が与えられていて良い効果を出しているようです。

このアルバムで好感触を得る事が出来たので、近作のセカンド『Parcours』も是非聴いてみたいと思いました。メンバーに変更もないようなので期待したいと思います。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/14(月) 22:14:19|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#604 One Night With Blue Note Preserved (Blue Note) | ホーム | #602 Chet Baker Introduces Johnny Pace (Riverside)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/592-5087e4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。