イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#577 Somethin' Special/Tardo Hammer (Sharp Nine-CD)

Tardo Hammer - Somethin' Special


1.John's Abbey
2.Divertimento
3.If I Loved You
4.Somethin' Special
5.Take Me Out to the Ball Game
6.You're My Thrill
7.Lizard Lips
8.Blues for Philly Joe
9.Into the Fire
10.Subterranean

Tardo Hammer (p) Dennis Irwin (b) Leroy Williams (ds)

Rec-2000



ゴキゲンである。タード・ハマーのピアノ・トリオ。いつもながらピアノを弾けない人間がどうこう云うのはおこがましいのであるが、こ難しい変化球を使わないで直球勝負している。技術的に平易ということを言いたいのではなくスウィングするストレートなジャズであると言いたいだけです。変化球に狂喜乱舞する人間であることを大いに自覚しているけれど、オーソドックスなものを聴いても納得するんですよ。念のために言えば極端な好き嫌いはございませんよ。と、昨日の流れからちょっと弁明してみました。

タード・ハマーのオリジナルは4曲で2,7,9,10曲目。バド・パウエルやソニー・クラーク、ソニー・ロリンズの曲も取り上げています。通して聴いてみて高揚したグルーヴ感を持つピアノに明快なリズムが絡まりワクワクする内容でした。ハマーのピアノはキレがよくノッており湯水のように鍵盤から音符が噴き出しています。デニス・アーウィンのベースはしなりが強く粘っており、レロイ・ウィリアムスのドラムはオカズのキマり具合が爽快で実にホットであり顔が紅潮します。風呂もリズムも熱いのが好きな当方にはこの上ない喜びであります。体を揺すられるナンバーの多い中3曲目のようなジックリ聴かせるプレイも含まれていますが、思わず仰け反ったのが5曲目。MLBファンなら御馴染みの曲で解釈がまさにジャズそのものであり、アメリカの進軍歌「Dixie」のフレーズを編み込んだりとドライブ感はなかなか強烈です。

いつも暴投気味のこのブログですが、単なる感情丸出しの掃き溜めのような内容は毎度ながらボール連発押し出しと云ったところですな。こりゃ一生勝ち投手にはなれませんわな。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/06/18(水) 23:20:45|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<#578 Cool Velvet/Stan Getz and Strings (Verve) | ホーム | #576 Eight Little Feet/Randy Porter (Heavywood-CD)>>

コメント

ぬどいさん、こんにちは。

ハマーも調べてみると今年50歳ということで充分中堅ミュージシャンと言えますねぇ。リーダー作がおそかったせいか少し意外です。
何のけれんみもないバップピアニストということでは現今希少な存在であると思います。
このアルバムでもリロイ ウィリアムズを起用するあたりに、バリー ハリスへの思慕もうかがえるような気がします。

この正攻法でのピアノというのはここからが難しいところだと思います。
ただの趣味の良いピアニストで終わるのか、じわじわとハマーらしい個性を発揮してくれるのか。
これからも注目していきたいピアニストだと思っています。
  1. 2008/06/20(金) 17:08:49 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

シャープ・ナインのハマーいいですね。50歳ですか、そりゃ完全に中堅どころで通常はベテランの域に達していると云ってもいいくらいの年齢ですね(笑)。なるほど最近のピアニストで実直にバップ・スタイルを貫いてるアーティストはやっぱり少ないんですね。近年活躍しているピアニストの作品をここ1~2年で相当数聴いてみましたが、そういわれてみれば稀有な例かもしれないですね。

>バリー ハリスへの思慕もうかがえるような気がします。

そういえばバリー・ハリスのプレスティッジやザナドゥでリロイ・ウィリアムスが叩いていましたね。ハマーがハリスの影響下にあるのは感じていました。

>この正攻法でのピアノというのはここからが難しいところだと思います。

そうですね。サイラス・チェスナットのことを思い出してしまいましたが、なかなか自分のスタイルというのは敢えて作ろうと思って変えていくものではないですからね。経験がスタイルを作り出していくと考えればどのように変貌していくのか楽しみですね。
  1. 2008/06/20(金) 21:40:02 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/598-4d1d1ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。