イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#593 Last Date/Eric Dolphy (Philips)

Eric Dolphy - Last Date


A
1.Epistrophy
2.South Street Exit
3.The Madrig Speaks, The Panther Walks

B
1.Hypochristmutreefuzz
2.You Don't Know What Love is
3.Miss Ann

Eric Dolphy (as→onlyA-3,B-3,fl→onlyA-2,B-2,b-cl→onlyA-1,B-1)
Misja (Misha) Mengelberg (p) Jacques Schols (b) Han Bennink (ds)

Rec-1962



大名盤として君臨しているドルフィーの最終作。と思っていたら当方のジャズ・ブランクの間にこの作品の約10日後の音源が発表されていたのですね。全く知りませんでした。すーぐに忘れる質の悪い白子脳であるので備忘録としてココにメモしておきました。ここのところ連日のピアノ漬けの頭に縦横無尽に飛び回る管楽器の世界をおみまいしてやろうと考え、この作品を聴いてみようと思った次第。あまりに有名な盤でありクモの巣の張った耳であーだこーだ云うのも気が引ける。瞑想するが如くこのサウンドを享受しています。この作品はかなり久しぶりに聴いた感じがする。こういうものを書き出したことによって過去のアルバムを今まで経験が無いくらい、特にここ2年ほどは聴き返しているのですが大量にいろんなものを抱え込んでいるためなかなか出番が回ってきません。久しぶりに聴いた「ラスト・デイト」はやっぱりゾクゾクするサウンドでした。

この作品にはいろんなデザインのジャケットがありますが自分の手元にあるのはコレで、確か石丸電気で新譜で売っていた国内盤だと思います。ドルフィーの写真をレイアウトしたフォンタナ盤とイラストのものは当方の持っているブルーを基調にしたものと、他にブラウンを基調にしたものがあるようです。

アルト、フルート、バズ・クラリネットとドルフィー・ワールドが展開されていますが、何といっても彼のバスクラにはジャズを聴き初めた頃度肝を抜かれました。なんという怪しいサウンドを醸し出す楽器であるのか、と。そもそもクラリネットやフルートという楽器はスウィング・ジャズから入った当方は大好きであったのですが、到底同じ種類の楽器とは思えず一発で固まってしまったものです。今思えばドルフィーという人に依るマジックにかかったと受け取れるのですが、あまりに目新しく衝撃であったこの怪しさにのめり込んで貪るように彼のアルバムに手を出していきました。手に入り易いこともあって随分初期に接した作品であります。

振り返ればこの作品はオランダでの録音ということもあって、ヨーロッパ・フリーの重鎮、ミシャ・メンゲルベルグにハン・ベニングがバックなのですね。そしてジャック・スコールズも。コレを聴いた当初には全く未知であったアーティストですが、ある程度の経験値を重ねた現在ではこの組み合わせの妙に唸ってしまいます。まったくもって今更ながらの話ではありますが。しかしながらドルフィーはどの楽器を使わせてもアウトしまくりで最高です。特にフルートでのこの奏法は新鮮で凡人の到達出来うる範囲を軽く超えたところに超然と屹立するミュージシャンは違うなぁと改めて思うのです。周知の事実ですが彼はこの後同月29日にベルリンで客死します。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/04(金) 23:00:32|
  2. Alto Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#594 Lovesick/Jackie and Roy (Verve) | ホーム | #592 Live at Blues Alley - Third Set/Hod O'Brien (Resarvoir-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/600-428a4e6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。