イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#676 Winter's Tale/Kaltenecker Trio (R & V Records-CD)

Zsolt Kaltenecker


1.Still Around
2.Lights of Shinjuku
3.Ivory Tower
4.Pasolini's Dream
5.Swamp-Road Possibilities
6.Walls
7.The Lion's Song
8.Paris, 1972
9.Caffeine
10.Winter's Tale
11.Mr.Brooks

Zsolt Kaltenecker (p) Viktor Hars (b) Gergo Borlai (ds)

Rec-2007



ハンガリーのピアニスト、ソルト・カルトネツカーの今のところ一番新しいピアノ・トリオ。彼の作品はまだ3~4枚ほどしか聴いていません。現在までは彼のアコースティックなものを中心に聴いてきましたが、彼はピアノ以外にキーボード等のエレクトリックな演奏も得意としているようで、かなり斬新なアプローチを取り入れていそうな感じもするし、意外な楽曲のセレクトもされていて聴く前から想像を膨らませてしまいます。そんな折、彼が中心で演っていたユニットのCDを手に入れることが出来たので聴いてみました。そのアルバムは『SAD/A:K:A』というもので、カルトネツカーが全編キーボードを使用してサイドにエレベとターンテーブルを配置した、どちらかと云えばフュージョンというよりテクノと云える内容で、このCDをPCにリッピングしてみたところ当然ジャズではなくジャンルがElectronica/Danceになっていました。ジャズ的要素は皆無ながら哀愁の漂うメロディを打ち込みのリズムによって演出する手法は、珍しいものではないもののこの手の音楽にも興味を示す当方にはなかなか楽しめるものでした。一筋縄ではいかない多彩な表現方法に彼の幅広さや奥行きを感じさせます。

このアルバムはアコースティック・ピアノでの5年ぶりの作品とのことで、追っかけて聴いている人には待望のピアノ・トリオであったようです。彼のピアノのアルバムである『Rainy Films』(KCG)やパーカッションとデュオで演った『In the Beginning There Was the Rhythm』(KCG)はカルトネツカーのスピード感溢れる爆走ピアノが堪らなく、圧倒されまくりの好きな作品でしたが、このトリオはどちらかと云えば派手な印象はなく前述の作品と比較すると落ち着いた内容に感じました。

スリリングに疾走するピアノを期待した向きがあったのでちょっと拍子抜けしたと言ったほうが本音に近いかも知れませんが、決して退屈な内容というつもりは全くなく静的な楽曲を辛口に表現する巧さには唸らされるものがあります。アルバムを通して表情の変化があまり感じられないのが当方にとってはマイナスに働いているのかも知れません。もうちょっと爆発する曲があっても良いのかなぁと思ったのですが、タイトルから類推するにこう云った統一感こそ彼が目指した部分なのでしょう。冷静に聴いてみると4曲目や6曲目などは上記の『A:K:A』のアコースティック・ヴァージョンのようにも聴こえて、当然のこととは云え改めて同一人物の創造した通ずる部分に気づかされました。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/09/25(木) 23:57:18|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#677 Hommage to Africa/Sunny Murray (BYG) | ホーム | #675 Pass it on/Dave Holland Sextet (Sunnyside-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/612-a3b36bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。