イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#599 Our Man in Paris/Dexter Gordon (Blue Note)

Dexter Gordon - Our Man in Paris


A
1.Scrapple From the Apple
2.Willow Weep for Me

B
1.Broadway
2.Stairway to the Stars
3.A Night in Tunisia

Dexter Gordon (ts) Bud Powell (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)

Rec-1963



最近は古いブルーノートの録音を意識的に聴くようにしています。改めて過去の輝かしい作品群を復習してみようと思っていました。広い範囲で見渡してみれば実際に内容を思い出せないものも割と多かったので、この際徐々にでいいから聴いていきたいなぁと思っていました。この作品はA面はA-1のすっとぼけたイントロが印象に残っていてよく覚えていたのですが、B面があやふやな状態でしたので今一度聴いてみようとかけてみました。

デクスター・ゴードンの渡欧後初の作品。既にパリの人となっていたバド・パウエルとのワン・ホーン・セッション。以前モーリス・ヴァンダーのアルバムを取り上げた時にベースがピエール・ミシュロとドラムのケニー・クラークという、このアルバムのリズム陣と同じメンバーであったことを知り、且つその時にこのアルバムが最初のコンセプトであった完全オリジナルの楽曲での演奏から、バド・パウエルの意向によるスタンダード中心の楽曲に変更されたことも知りました。パウエルのコンディションが宜しくない状態であったのか、それとも新たに覚える気力がなかったのか、そのあたりの問答が容易く理解出来ると云う興味深い事象です。

ですので全てが馴染みのあるナンバーで占められています。全編でデックスの男らしく太いテナーが堪能でき、若干の荒々しさを併せ持つテナーがジャズを感じさせます。B面を改めて聴いてみればB-1がアップテンポでガンガン煽るようなタイプの演奏で、B-2は余韻を残すテナーが印象的なバラード、B-3は御馴染みのナンバー。ケニー・クラークの高揚感のあるリズムが引き立ちます。

デックスのアルバムとは云えバド・パウエルの参加がひと際存在感を高めています。パウエルはバッキング中心とはいえソロも執っています。さすがに鬼気迫る閃きのようなプレイではないですが、訥々と弾かれるこの時期のピアノも個人的には味わいがあって好きなのです。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/10(木) 23:58:36|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#600 The Eddie Costa - Vinnie Burke Trio (Jubilee) | ホーム | #598 Up Up With The Jazz Convention (Schema-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/617-35bcaeb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。