イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#604 One Night With Blue Note Preserved (Blue Note)

One Night With Blue Note


-Volume 1-

A
1.Canteloupe Island
2.Recorda Me

B
1.Little B's Poem
2.Bouquet
3.Hat and Beard

Side-A

Herbie Hancock (p) Freddie Hubbard (tp) Joe Henderson (ts)
Bobby Hutcherson (vib→onlyA-2) Ron Carter (b) Tony Williams (ds)

B-1

Bobby Hutcherson (vib) James Newton (fl) Herbie Hancock (p)
Ron Carter (b) Tony Williams (ds)

B-2

Bobby Hutcherson (vib) Herbie Hancock (p) Ron Carter (b)

B-3

James Newton (fl) Bobby Hutcherson (vib) Ron Carter (b)
Tony Williams (ds)

-Volume 2-

A
1.Sweet and Lovely
2.Appointment in Ghana
3.Passion Dance
4.Blues on the Corners

B
1.Pontos Cantados
a) Point One : Kiook at the Top of the Stairs, b) Point Two : Question
2.Broadside

Side-A

McCoy Tyner (p) Woody Shaw (tp) Jackie McLean (as) Cecil McBee (b)
Jack DeJohnette (ds)

B-1

Cecil Taylor (p)

B-2

Bennie Wallace (ts) Cecil McBee (b) Jack DeJohnette (ds)

-Volume 3-

A
1.Moanin'
2.A Child is Born
3.The Jumpin' Blues

B
1.Summertime
2.I'm Glad There is You
3.Medley : a) Blues Walk, b) Gettin' Sentimental Over You

A-1

Art Blakey (ds) Freddie Hubbard (tp) Johnny Griffin (ts)
Curtis Fuller (tb) Walter Davis (p) Reggie Workman (b)

A-2,A-3

Stanley Turrentine (ts) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) Grady Tate (ds)

B-1,B-2

Kenny Burrell (g) Grover Washington (ss) Reggie Workman (b) Grady Tate (ds)

B-3

Lou Donaldson (as) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) Grady Tate (ds)

-Volume 4-

A
1.The Blesshing
2.Tone Poem
3.Lady Day
4.El Encanto

B
1.How Long
2.When You Wish Apon a Star
3.Jumpin' Jack

Side-A,B-1

Charles Lloyd (ts,fl) Michel Petrucciani (p) Cecil McBee (b) Jack DeJohnette (ds)

B-2,B-3

Stanley Jordan (g)

Rec-1985



大学生の頃、何気に立ち寄った秋葉原の石丸電気のジャズ・レコード売り場に、この「ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート」の輸入盤4枚組BOXが新譜として陳列されていて、思わず手元にあった貰ったばかりのアルバイト代を投入して手に入れた思い出の衝動買いレコードです。当時もご多分に漏れずジャズに入れ込んでいてバイトで自由になる金を手に入れることが出来る時期であったので、レコードの購入に拍車がかかり新品でも中古でも関係なく手当り次第に買っていました。どちらかと云えば自分の中でのこの頃は、50~60年代の作品の名盤を集めている時期で、また知らないマイナーなものに興味を持ち始めたあたりでもあるので、その当時新譜としてリリースされているものにさほど関心が向きませんでした。ですのでブルーノートの復活は事象として知りつつも関心が旧譜を集めることに向いていたので、本当なら同じブルーノートでも1500番代や4000番代を購入するほうが良いと思っていました。たまたま懐があたたかかった為に思わず反応しただけだった、というのが正直なところでした。確かマウント・フジ絡みでも大きく宣伝されていましたね。今思えばコレを買っていて本当に良かったと思っています。

パーソネルを見てみれば、残念ながら既に他界されたミュージシャンのなんと多い事か、と改めて思ってしまいます。振り返ればこのメンバーがこの時期に沢山来日していた事を考えれば、聴く機会を逸している事が悔やまれます。ブルーノートの歴史を作ってきたベテランと、この当時の新鋭ミュージシャンからなるニューヨークはタウン・ホールでのライブです。

各々4枚のレコード・ジャケットはVolume 1~4のラベルが貼られた瓶の位置を入れ替えたレイアウトのものになっています。Volume 1はA面がハービー・ハンコックを中心としたセットでA-1の定番曲はクインテット、A-2はジョー・ヘンのテナーを加えたセクステットです。B面はハッチャーソンが中心のセットで、B-1はクインテット、B-2はヴァイヴ+ピアノ+ベースの変則トリオ、B-3はカルテットです。往年の息吹を感じさせるプレイぶりにジックリ耳を傾けます。Volume2のA面はマッコイ・タイナーのクインテットでマクリーンやウディ・ショウの参加が嬉しいですね。A-1のみマッコイのソロになります。B面はコレまたもう一つのブルーノートの顔であるセシル・テイラーのソロ・パフォーマンスとアウトの仕方がカッコよすぎるベニー・ウォレスのピアノレス・トリオ。Volume 3はA-1がブレイキーの代名詞とも言える曲を3管セクステットで、残りの2曲がタレンタインのテナー+オルガン+ギターのカルテット。ジミー・スミスもケニー・バレルも看板スターですね。B-1はバレルのカルテットでグローヴァー・ワシントンのソプラノが加わっています。残りの2曲はルー・ドナルドソンのカルテット。オルガン入りで渋いです。Volume 4はA面とB-1にチャールズ・ロイドのカルテット。ミシェル・ペトルチアーニがピアノです。B-2,B-3は当時鮮烈なデビューを飾ったスタンリー・ジョーダンのタッピング奏法が聴けるソロ・ギターが収録されています。この4枚目はこの当時の新鋭ミュージシャンがフィーチュアされています。

今日は早めに切り上げられたのでゆっくりとこのBOXを堪能する事が出来ました。4枚を改めて聴いてみて再びブルーノートでプレイする事が出来るミュージシャンの喜びというものが感じられ、また新たな萌芽が芽生えている事が実感出来ます。真摯にジャズと対峙するひた向きさを感じ取ることが出来、ライオンもさぞ感無量だった事でしょう。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/15(火) 21:51:07|
  2. Omnibus
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<#605 Pres & Sweets/Lester Young & Harry Edison (Verve) | ホーム | #603 Ecoutez Moi/Sebastien Paindestre Trio (Jazzseb-CD)>>

コメント

ぬどいさん、こんばんは。

私もこの新生ブルーノートのアルバムが発表されたときのことは良く覚えています。活動を休止してしまっていた名門ブルー ノートのリニューアルということで随分と話題になっていました。
それから比べれば現在のブルーノートのメディアでの扱いはそれ程でもないような気がします。

私がこのアルバムセットを見て驚いたのはそのジャケットでした。かつてのブルーノートのイメージとは全く違ったアメリカの大型販売店の宣伝のようなジャケットにとても違和感を覚えました。
そのジャケットを制作したのがあのリード マイルズだと知ってまたもやびっくり!!
そういえば彼もまた鬼籍に入ってしまいましたね。

もうアレから20年以上もたちましたか……
  1. 2008/07/16(水) 03:59:22 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

当時野外フェスが隆盛で、当方にとってはマウント・フジのほうに先にインパクトを受けていました。その流れでブルーノートの復活を知ったようなものでした。

あれから20余年、現在のブルーノートはノラ・ジョーンズのようなモンスター・アルバムを生み出しつつも、おっしゃられるとおり多くの純ジャズが密かに生まれ密かに消えていくといったような感じですね。最近はスウィング・ジャーナルなども全く買わないので、媒体がどのような扱いをしているのかよく判りませんが、新譜をウェブ上で探っていると国内盤にならない新譜の多さは考える以上の量ですね。東芝EMI(でしたっけ?)に限らず大手メーカーは全く新しいジャズを紹介する使命を放棄したと云わざるを得ませんね。そういう意味では小さなディストリビューターが踏ん張っているのが頼もしいところです。

ジャケットの件、そういわれれば1500~4000、BN-LAの流れで顧みれば違った趣向でデザインされてますね。新たなる始まりに対するリード・マイルズの考えが反映されたインパクトが興味深いところです。
  1. 2008/07/16(水) 18:33:14 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

そうだったんですか

このジャケットはリード・マイルズだったんですね!
知らなかった(というか気にしてなかった)
わたしも Sonnyさんと同じで違和感を覚えたのを思い出しました。今となってはいろいろ感慨深いです。

私もこのレコードはリアルタイムで買って聴いた記憶があります。(たぶん同じく石丸?)

この前後にライブ(何か忘れましたが確かオーレックス?)でフレディー・ハバードを聴いてぶっ飛んだ記憶があります。 ラジオでヒノテルがドン・チェリーを聴いてオレのが巧い と勇気付けられ、ハバードを聴いてこんなラッパ吹きがいるならラッパ吹きはやっていけない ようなことを言っていました。
  1. 2008/07/17(木) 08:57:26 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

そうなんですよ

sheppさん、こんばんは。

そうなんですよ。瓶のジャケットはマイルズの名前がクレジットされています。BOXの裏にはライオンを囲んだメンバーの写真があって、これがまたほのぼのとしたいいスナップですね。

この当時新譜のジャズを仕入れるのは専ら石丸のレコード館でした。何パーセントの割合か失念しましたが、買った金額によってタテナガの金券が戻って来ましたよね。あの当時から結構な枚数を買っていたので、あれがかなりの金額に貯まって大変重宝しました。あのころは今と違って再販制度がかなり厳格だったので、たまらなければ交換出来ないスタンプ式とは一線を画した、一枚買っても相応分が戻ってくる石丸は大変有難かったです。

>フレディー・ハバードを聴いてぶっ飛んだ記憶があります。

sheppさんもかなりのライブをご経験されているようですね。私もそこそこは行ったのですが、他のジャンルにも首を突っ込んでいたためあの当時のジャズ・ライブといえば両手で足りてしまう程度です。今となってはものすごーく後悔しています。ヒノテルのドン・チェリーとハバードのエピソード、想像したら吹き出してしまいました(笑)。
  1. 2008/07/17(木) 18:27:35 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

本当にそうですね

石丸のあの金券は私も好きでした。また大学のレポートの下書きを書くのに 石丸のレポート用紙を愛用してました。私もいくら使ったか分かりません。

もしかしたらお店で ぬどいさんとすれ違ったりしてるかも知れませんね。
  1. 2008/07/17(木) 22:43:06 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

思い出しました!

sheppさん、こんばんは。

そうでした!便箋!いやぁ、なつかしいですなぁ。私も沢山貰いましたよ。そうでしたそうでした。指摘されて気づくとは、小生の記憶力はもう既に壊れているのではないかと頭を抱えてしまいました。

>もしかしたらお店で ぬどいさんとすれ違ったりしてるかも知れませんね。

あの当時の一時期に秋葉原の星光堂というレコードの問屋でバイトをしていたので、石丸にはしょっちゅう出没していました。相当な頻度で行っていたので絶対すれ違ってます(笑)。
  1. 2008/07/18(金) 01:14:39 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/623-9e38f102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。