イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#611 The Broadway Bit/Marty Paich (Warner Bros.)

Marty Paich - The Broadway Bit


A
1.It's All Right With Me
2.I've Grown Accustomed to Her Face
3.I've Never Been in Love Before
4.I Love Paris

B
1.Too Close for Comfort
2.Younger Than Springtime and The Surry With the Fringe on Top
3.If I Were a Bell
4.Lazy Afternoon
5.Just in Time

Marty Paich (p,arr.) Art Pepper (as) Bill Perkins (ts) Stu Williamson (tp,vib)
Frank Beach (tp) Jimmy Giuffre (bs,cl) Bob Enevoldsen (v-tb,ts)
George Roberts (tb) Vince DeRosa (fr-h) Victor Feldman (vib,perc)
Scott LaFaro (b) Mel Lewis (ds)

Rec-1959



マーティ・ペイチのこの通称「踊り子」ともう一つの『I Get a Boot Out of You』(Warner Bros.)、いわゆる通称「お風呂」がここのところ立て続けに復刻されていて、いずれも人気盤であることは知っているので結構な売り上げになったのではないかと邪推します。これらは通称があるぐらいなので多分にジャケットの効果が絶大であったことは容易に理解出来るのですが、メンバーに目を移してみればウェストの名手が勢揃いしており、ペッパーやスコット・ラファロの参加も人気に拍車をかけているのではないかと思います。自分はコレを20年近く前に復刻された時に入手したのですが、あまり面白いジャズではないなぁと感じずっと仕舞い込んでいました。何も予備知識なしに買ったこの盤がフルバンであったことにちょっとビックリし、この頃の自分がコンボ演奏主体で聴いていたのでガッカリし遠ざかっていたことも要因になっていました。彼のアルバムは彼のアレンジ主導のデカ編成が多いことはこの時知る由もありませんでした。今はフルバンを敬遠することなく楽しんでいますし復刻に際し久しぶりに手に取ってみた次第です。

長い間当方の棚の中で熟成されていたこのレコードはとても深みのある豊穣なアンサンブル・ジャズが展開されていて、なかなか注意を惹き付けられる良盤でありました。大編成の迫力は勿論、ただアンサンブルのみに終止する訳ではなく各々のソロの交換も演奏の中心として据えられており、なるほどペッパーやビル・パーキンス、当方にはあまり覚えのなかったジミー・ジュフリーのバリトンもたっぷり割かれており、ヴィクター・フェルドマンのヴァイブがアクセントとなっていたり、スコット・ラファロのベースは埋もれず立っている事がよく解りました。

この盤の内容を殊更に絶賛し崇め奉るつもりは毛頭ないのですが、聴きどころは満載であると感じました。なにせ黒くて刺激的な演奏に今現在の当方のベクトルが向いているので。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/22(火) 18:11:22|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#612 Mel Torme With the Marty Paich Dek-tette (Bethlehem) | ホーム | #610 Alison's Uncle/Cannonball Adderley (Blue Note)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/624-8a2cbe52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。