イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#751 A World of Piano !/Phineas Newborn Jr. (Contemporary)

Phineas Newborn Jr. - A world of Piano !

A
1.Cheryl
2.Manteca
3.Lush Life
4.Dahoud

B
1.Oleo
2.Juicy Lucy
3.For Carl
4.Cabu

Phineas Newborn Jr. (p) Paul Chambers (b→onlySide-A)
Sam Jones (b→onlySide-B) Philly Joe Jones (ds→onlySide-A)
Louis Hayes (ds→onlySide-B)

Rec-1961



実に久しぶりにレコードを聴いています。たまたま手に取ったレコードはピアノで雄弁に語るフィニアス・ニューボーン・ジュニアのものでした。彼の圧倒的なテクニックを楽しめる作品は沢山あって、個人的には初期の大傑作であるアトランティック・レーベルの『Here is Phinias』が一番凄いことになっていると思うのですが、これも負けず劣らずに素晴らしい出来です。

この作品は二つのセットからなっていて、A面はポール・チェンバースとフィリー・ジョーのリズム、B面はサム・ジョーンズとルイ・ヘイズのリズムで、両者の録音には一ヶ月ほどの開きがありA面は61年10月でB面は61年11月のレコーディングになります。どちらのセットも甲乙つけ難いのですが、リズム陣の個人的な好みから僅かにA面に惹かれている自分がいます。ただし差異をつけるような内容ではなくどちらも快調で、フィニアスの強烈な早弾きにキレのよいリズムが対峙している極上の演奏です。

何度聴いても彼のピアノはため息が出るほど眩く、指がどんなことになっているのか興味津々になってしまいます。彼のオリジナルは一曲もなく比較的良く耳にするナンバーが並んでいますが、非常にこなれていて正に自分のものとしており、またオリジナリティーも存分に発揮された極上のサウンドに大変満足します。A面ではディジーの看板曲であるA-2の「マンテカ」がスウィング感溢れる一品に仕上がっており、チェンバースのベースとフィリー・ジョーのドラムが活き活きと飛び跳ねていて最高のグルーヴを得られます。A-3のバラードなどは過度に演出するわけではないのですが、曲の髄を充分に引き出しており美しい演奏です。B面ではB-1の超速のイントロが強烈な「オレオ」がインパクト抜群です。リロイ・ヴィネガー作のB-3のワルツも印象的です。

手持ちが再発の国内盤とは云えこの時期の録音としては音質も抜群で、驚異的なパフォーマンスがクリアに表現され、輪郭のクッキリしたベースとドラムが高揚感を誘発します。優れた演奏が最上の音質により輪をかけて素晴らしく聴こえ、古びた貧相な自分の装置でもなかなかに満足出来る、忘れた頃に手に取りたくなる秀作だと思います。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/12(金) 23:59:56|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#752 Adjust/Gerald Cleaver (Fresh Sound New Talent-CD) | ホーム | #750 The Heart of Things - Live in Paris/John McLaughlin (Verve-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/634-ec90f838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。