イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#613 Sahib Shihab and the Danish Radio Jazz Group (Oktav-CD)

Sahib Shihab and the Danish Radio Jazz Group

1.Di-Da
2.Dance of the Fakowees
3.Not Yet
4.Tenth Lament
5.Mai Ding
6.Harvey's Tune
7.No Time for Cries
8.The Cross-eyed Cat
9.Little French Girl

1~4

Sahib Shihab (bs,fl) Palle Mikkelborg (tp,fl-h) Torolf Molgard (tb,eufonium)
Poul Hindberg (as,cl) Bent Jaedig (ts,fl) Niels Husum (ts,ss,b-cl)
Bent Nielsen (bs,fl,cl) Fritz Von Bulow (g) Bent Axen (p)
Louis Hjulmand (vib→only1,2) Niels Henning Orsted Pedersen (b) Alex Riel (ds)

5~9

Sahib Shihab (bs,cowbell,vo→only9) Palle Bolvig (tp→except6~8)
Palle Mikkelborg (tp) Allan Botschinsky (tp) Poul Kjaeldgard (tuba→except6~8)
Poul Hindberg (as,cl) Bent Jaedig (ts,fl) Niels Husum (ts) Ib Renard (bs)
Svend Age Nielsen (tb,b-cl→only6~8) Fritz Von Bulow (g)
Louis Hjulmand (vib) Bent Axen (p) Niels Henning Orsted Pedersen (b)
Alex Riel (ds)

Rec-1965



おっきい編成のジャズを聴いているので続けてこんなCDを取り上げる。サヒブ・シハブのビッグバンドもの。アナログじゃあとても買えるような値段ではないだろうしそもそも見かけることもないでしょうね。といってもレコ屋をうろつくこともとうの昔にストップしてしまって現況の中古屋事情を殆ど知りません。住環境さえ良ければ未だにウロウロするのでしょうが田舎に引っ込むとコレばかりはどうしようもありませんねぇ。

バリトンのサヒブ・シハブの作品はココのところCD&アナログで大量に復刻され、喜びでウホウホ云ってしまいますがコレも良い内容で何度も楽しんでいます。彼の作品は渋くてなかなか手に入らないものが多かったので、ここぞとばかりに大量に買い込んで楽しんでいます。シハブの作品に関してはあまり縁がなく、少ないアルバムを単独で繰り返し聴いていた「点」での接し方から、全貌ではないので「線」とまでは表現出来ませんが、そこそこの枚数を体験出来たことにより「点線」ぐらいには接することが出来てきたのは当方にとっては嬉しいことです。

ゴリッとした質感が堪らない男臭さがなんとも豪放で、デカイ編成ということもあってダークに潜行するパワフルなサウンドに圧倒されています。当方にとってあまり馴染みのないメンバーが多いなかトランぺッターにアラン・ボッチンスキーの名前を見つけて小躍りしてしまいました。また大御所と云ってもいいピアノのベント・アクセンやリズムのペデルセン&アレックス・リール辺りの参加が、1965年という結構前の録音であることもあって何とも嬉しい限りです。パーカッションの使い方が印象的な5曲目や、ラストの9曲目にはシハブがヴォーカルを執っており、コレがなかなかに甘く渋くて上手いのでビックリしてしまいました。今のところこのアルバムがシハブでの一番のお気に入りになっています。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/24(木) 23:08:55|
  2. Soprano Sax, Baritone Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#614 Count's Rock Band/Steve Marcus (Vortex) | ホーム | #612 Mel Torme With the Marty Paich Dek-tette (Bethlehem)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/636-6853c7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。