イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#617 Play it Now/Al Cohn (Xanadu)

Al Cohn - Play it Now

A
1.You're My Everything
2.Lover
3.Play it Now

B
1.Irresistible You
2.Georgia on My Mind
3.It's Sand, Man

Al Corn (ts) Barry Harris (p) Larry Ridley (b) Alan Dawson (ds)

Rec-1975



常日頃お世話になっているSonnyさんpiouhgdさんのブログで、アル・コーン関連の作品が取り上げられていたのでこちらも聴いてみようと思った。最近リリースされたそのCDは、バリー・ハリスの名義のような形で発売されている『Barry Harris Trio With Al Cohn』(Gambit)で、内容は『Al Corn's America』(Xanadu)とこの盤の2枚からのチョイスであるそうで、これらのうちでは所有しているのがこの一枚だけであったので必然的にコレを聴いてみる。アル・コーンというと当方の頭には「アル&ズート」と刷り込まれていて、手元にもこの双頭コンボの作品が結構あったりします。その中から以前にも『Body and Soul/Al Cohn & Zoot Sims』(Muse)等を取り上げたことがあります。この作品はアル・コーンのワン・ホーンにスポットを当ててあるので、この機会にじっくり聴いてみようと思いました。先のCDにはこのアルバムから5曲が収録されているようですが、タイトルを照らし合わせてみたところB-1の1曲が削られているようです。

改めて聴いてみるとアル・コーンという人は深みのあるふくよかなテナーを吹く人ですねぇ。艶もあって太い鳴りを聴かせてくれて、そして節回しも抜群で男のテナーといったところでしょうか。CDのタイトルでは主役扱いのバリー・ハリス・トリオも良いですなぁ。いつもながらのハリスの実直なプレイは期待を裏切らずコロコロと転がっています。互いの演奏が増幅していってブルージーさを漂わせているのが堪らない魅力です。中でも個人的にはカルテットを差し置いてB-2の唯一のコーンとハリスのデュオが渋くて最高です。

残念なことに当方にはアル・コーンのワン・ホーンを堪能出来るアルバムが現在のところコレ一枚しか手元にありません。コーンのワン・ホーン作がどの程度あるのか判りませんが、その未知の作品の中からチョイスしていける喜びがあると考えることにします。その前に廃盤か否かの問題がありますが、まぁそれも探す楽しみのうちということで。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/28(月) 22:49:25|
  2. Tenor Sax
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<#618 Sugarpromise/Magnus Broo Quartet (Moserobie-CD) | ホーム | #616 My Secret Love/Till Bronner (Minor Music-CD)>>

コメント

こんばんは。
リンクありがとうございました。

アル・コーンについては、まだ今のところどうこう言えるほどではないのですが、ここでのバリー・ハリスは少々控えめながら、とても良い演奏をしていて好きです。

オリジナルのジャケットは、これなんですね。
今回再発されたCDのジャケットが今ひとつなんで、こっちの方がずっと良いです。
  1. 2008/07/29(火) 00:32:01 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

アル・コーンのこのアルバムは今まで意識して聴かなかったので、Sonnyさんとpiouhgdさんが記事にして下さったことで手に取る良いきっかけになりました。バリー・ハリスもささやかに効いていてなかなか良いアルバムですね。

>オリジナルのジャケットは、これなんですね。

うーん、それがちょっと自信がありません。当時に発売されたのであろう日本盤なのですが、他のタイトルのザナドゥの国内盤の作品でオリジナルと全く違うデザインに改悪されたものを多数知っています。この辺りはSonnyさんがお詳しいと思いますのでこちらとしても興味があります。CDのレイアウトに比べればこちらの方がいいですね。
  1. 2008/07/29(火) 01:01:28 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

ぬどいさん、こんばんは。

ご指名に預かりましたので(笑)、アルバムのオリジナルのジャケットですが
http://store.acousticsounds.com/browse_detail.cfm?Title_ID=41126
てな感じです。
ストアの商品なのでいつまでも有効なURLではないですが載せておきます。

何度か日本盤としてザナドゥは発売されていますがイラストのオリジナルジャケットに変更されたりレイアウトを変更されたりします。
ドン シュリッテンのデザインはどうも評判が悪いようでして、私としてはちょっと悲しいです。私としてはオリジナルに一票です。
  1. 2008/07/29(火) 01:57:00 |
  2. URL |
  3. Sonny #zcj9HRiI
  4. [ 編集]

Sonnyさん、こんばんは。

あーっ、やっぱりそうですよね。ザナドゥの日本盤はオリジナルの作りを無視したイラストのシリーズを知っていたので、どうも怪しいなぁと思っていました。

>私としてはオリジナルに一票です。

私もオリジナルに一票入れます(笑)。ゴールド・シリーズも然りシルバー・シリーズも然りでツートン・カラーのようなデザインに統一されていてポリシーが感じられるのですが、見方によっては地味な印象になるのでしょうかね。この作品もフォト・カットは一緒ですがやっぱり知っているあのシルバーのカラーリングの方が圧倒的にいいです。

リンクまで探して下さり大変恐縮です。有難うございました!
  1. 2008/07/29(火) 02:08:11 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

情けないです・・・

わたしなんか AL&ZOOT しか聴いたことありません。
機会ががあったら聴いて見ます。
  1. 2008/07/29(火) 08:32:32 |
  2. URL |
  3. shepp #-
  4. [ 編集]

オリジナルのジャケット、良いですね。
ぬどいさんがお持ちの方も結構好きですけど、やっぱりオリジナルに一票でしょうか。
Sonnyさん、ありがとうございます。

すると、今回再発されたCDは、もっと何とかならなかったものかと、改めて思っちゃいました。(笑)
  1. 2008/07/29(火) 09:35:10 |
  2. URL |
  3. piouhgd #-
  4. [ 編集]

そんなそんな・・・

sheppさん、こんばんは。

いやー、まだまだ知らない作品が沢山あって興味は尽きないですね。sheppさんがお詳しいであろうフリー系のアーティストを当方はあまり知らないのと一緒じゃないですか(笑)。

フリーと云えば先日ペーター・ブロッツマンの旧作である『The Complete Machine Gun Sessions』を取り寄せて聴いてみました。期待に違わぬ大迫力にノックアウトされましたよ(笑)。まさしくマシン・ガンでした。凄い!
  1. 2008/07/29(火) 17:07:56 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

piouhgdさん、こんばんは。

>やっぱりオリジナルに一票でしょうか。

でしょ(笑)。国内盤に限らず権利関係かどうか詳しいことは判らないのですが、ちょくちょくジャケットをこういった形でいじったものに出くわします。これなどはまだ名残があって良い方ですが、不注意極まりない当方はこの手のトリックでしょっちゅう同内容異ジャケットのレコードをダブつかせています。注意深く見れば気がつきそうですが自分が把握出来る量を超えている現在では、もうどうしようもありません(笑)。

>今回再発されたCDは、もっと何とかならなかったものかと、改めて思っちゃいました。(笑)

ねぇ(笑)。無理矢理とって付けたようにバリー・ハリスとペアリングしたようなジャケットでは、どちらのミュージシャンに対しても失礼ですよねぇ。ハリス並びにコーンの関係者は同意しているのかしら?
  1. 2008/07/29(火) 19:31:33 |
  2. URL |
  3. ぬどい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/638-36998528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。