イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#619 Jazz Goes to Junior College/The Dave Brubeck Quartet (Columbia)

Dave Brubeck - Jazz Goes to Junior College

A
1.Bru's Blues
2.Thses Foolish Things (Remind Me of You)

B
1.The Masquerade is Over
2.One Moment Worth Years
3.St. Louis Blues

Dave Brubeck (p) Paul Desmond (as) Norman Bates (b) Joe Morello (ds)

Rec-1957



昨日の流れに続けてリリース情報のような形になり恐縮ですが、旧譜の復刻といいますか未発表モノ(ばかりなのかな?)としてシリーズ化されているモンタレー・ジャズ・フェスの音源が近年続々と発表され続けています。当方もマイルスとモンク、サッチモの3枚を取り寄せ聴いていましたが、来月早々には新たなタイトルが発売されるようです。ラインアップを拾ってみるとアート・ブレイキー、カル・ジェイダー、ティト・プエンテ、シャーリー・ホーン、ジミー・ウィザースプーン&ロベン・フォード、そしてデイヴ・ブルーベックの6種類だけかな(他は確認出来ませんでした)。既発としては他にサラ・ヴォーンやディジーや複数を収録したオムニバスなどがあります。個人的にはブレイキーとブルーベックが気になりました。転じてブルーベック・カルテット関連に対し絞ってみると56年と59年のライブをパッケージしたニューポートの音源などが最近発売されていて、デスモンドにスポットを当てれば最後のライブ録音との触れ込みで、1976年のエドモントン・フェスの音源がリリースされたりとかなり活発な動きがあります。なので少し強引かもしれませんが今日聴くのはブルーベックにしてみました。

これはタイトル通りブルーベックのカレッジものの一つ。このアルバムに先立って53年の『Jazz at College of the Pacific』(Fantasy)や54年の『Jazz Goes to College』(Columbia)などがありますね。このカルテットはブルーベックやデスモンドが当然主役なのですが、当方にとってはジョー・モレロの存在意義がとても大切であり、録音を辿ればこのアルバムはモレロが参加して間もない時期の記録になります。その前のドラマーはジョー・ドッジですね。このアルバムのA-1の、各自がソロを執ったあとにメンバー紹介を挟むくだりが好きでマッタリとした時間を得たい時によく掛けています。

良くも悪くもブルーベックというミュージシャンはジャズの本流からは蚊帳の外で語られるきらいがあるように感じますが自分は大好きで良く聴きます。何せレナード・バーンスタインをバックに演ったレコードもあるくらいですので本国での人気が推し量れます。ただ、なんだかブルーベックの音楽を聴いているとインテリな匂いを感じ取ってしまうのです。無論この当方の思いにはネガティブな意味合いは含みません。まぁ、だいたいそういった単語を持ち出すこと自体が、己がそうでない人間であることを証明しているのですがね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/30(水) 23:39:51|
  2. Piano
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#620 Epistrophy/Eric Dolphy (Instant Composers Pool) | ホーム | #618 Sugarpromise/Magnus Broo Quartet (Moserobie-CD)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/639-b333721e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。