イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#620 Epistrophy/Eric Dolphy (Instant Composers Pool)

Eric Dolphy - Epistrophy

A
1.Epistrophy

B
1.Instant Composition

Side-A

Eric Dolphy (b-cl) Misha Mengelberg (p) Jacques Schols (b) Han Beninnk (ds)

Rec-1964

Side-B

Misha Mengelberg (p) Eeko - Grey Red-Tail Parrot (wistling,speaking,clacking)

Rec-1972



A面はオランダのアイントフォーヘンでの1964年での録音で、B面はドルフィーの没後の1972年に、ピアノのミシャ・メンゲルベルグとオウム(!)のデュオによるオランダのアムステルダムで録音された音源です。そしてA面はドルフィーが亡くなる1ヶ月ほど前のもので、名盤『Last Date』の前日ということになっています。

前衛系のレーベルICPからのリリースで、残念ながら明らかにエアチェック・レベルの音質で音がワレぎみであまり良くないのですが、演奏はより過激で自由度を増しており実質一曲のみとも言えるこのアルバムですが興奮度の高いものです。A面に収録されている「エピストロフィー」は『Last Date』でもA-1で演奏されていますが、どちらも甲乙付け難くユッタリとしたテンポながらドルフィーの空間を埋め尽くす迷走具合が最高です。

B面が何を意味するのか判らないのですが、ミシャ・メンゲルベルグの愛嬌のあるピアノにオウムが合わせてさえずっているという或る意味ここまで斬新なトラックは記憶にありません。これがまた結構なハモリになっていて個人的にはかなり好きで興味を惹かれます。ドルフィーのアルバムにこのトラックを収録する意義はなんなのか、なにか重要な関係性があるのかは勉強不足で気になるところですが、Wジャケットの内側にミシャがハン・ベニンクに宛てたのであろう手紙が掲載され、ここにヒントがあるのではないかと勘ぐっています。これが英語に直されて掲載されていますが英語アレルギー持ちの私としてはこの時点でチャレンジ出来ない敷居の高さがあります。どこかに答えがないかウェブを徘徊する他力本願さに呆れますが、ミシャ名義のDVD『Afijn』(ICP)にはオウムとのセッションが収録されているようで、コレまた気になるところです。ココではなんと猫がピアノを弾いて(!)もいるそうな。はてさて勝手に妄想の世界で解釈する悪い癖が出て、そもそも根元から壮大な勘違いをして誤った方向に向かって想像しているやもしれませんので、その旨を含み置き下されば幸いなのですが。

昨今の復刻事情を押さえきれていないのでよく判らないのですが、この音源はどこかでCD化されたりしているのでしょうかね。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/31(木) 18:06:27|
  2. Flute, Clarinet, Tuba, Violin, etc
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#621 A Night at Boomers, Vol.1/The Ceder Walton Trio (Muse) | ホーム | #619 Jazz Goes to Junior College/The Dave Brubeck Quartet (Columbia)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/640-47bafe01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。