イカれた駄耳にジャズの洪水

今宵も円盤漬け・・・     since 23rd Oct. 2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#618 Sugarpromise/Magnus Broo Quartet (Moserobie-CD)

Magnus Broo - Sugarpromise

1.H.B
2.Screamit
3.Cochise
4.Alla Dansar Samba Till Tyst Musik
5.Sugarpromise
6.Gatusvett
7.I Thought so

Magnus Broo (tp) Torbjorn Gulz (p) Mattias Welin (b) Jonas Holgersson (ds)

Rec-2003



ノルウェーのトランぺッター、マグヌス・ブルーの新譜『Painbody』(Moserobie)を注文したのだけれどまだ来ない。どうやらメンバーはこの作品と同様でいつものカルテットであるようなので凄く楽しみにしているのだけれどリリース情報に気づくのが若干遅かったかな。無事到着するまでとりあえずの近作を聴いて我慢している。とは云えもう5年も前の作品ということになるのでだいぶ間のあいたリリースということになるようです。しかしながらマグヌス・ブルーはこのレギュラー・カルテットとは別に「Atomic」という名義のグループを率いています。ブルー以外のメンバーは違いますが、このカルテットの編成に+テナー或いはクラリネットが加わるクインテットになります。つい最近でもライブ音源を含む3枚組の大作『Retrograde』(Jazzland)がリリースされたりしており、よりコンスタントにこちらの方で作品を発表しているようです。でも「アトミック」の作品はまだ聴くことが出来ていません。もの凄く興味があるのですが。

ブルーは北欧のミュージシャンであるのですが演奏の下地をアメリカで学んでいたようで、それが関係しているのかどうかは判りませんが比較的荒々しい男臭い演奏が特徴と思われます。そういう意味ではブルーのトランペットは美しさを全面に押し出し朗々と奏されるタイプではなく、ザラついた肌触りで若干の刺々しさも残り雑味も兼ね備えて聴き手に迫るタイプのミュージシャンかと思います。こういう硬派なものが好物な当方にとっては注目度が今ひとつなのが残念なところです。ミュート奏法にエフェクトを使用したりとその辺りも柔軟で、オーソドックスに固執せず自身のプレイを開拓しようとする精神も見受けられます。従って比較的テンションの高い演奏で、例えれば静かに燃える炎のようなプレイを生み出しているというような感覚になります。

しかしながらココのところの新譜に気になるものが多くて出費が大変です。アメリカものではMaxjazzのジェレミー・ペルト(Jeremy Pelt)、ジャリール・ショウ(Jaleel Shaw)の自主制作盤、アーロン・パークス(Aaron Parks)のブルーノートからの新譜。ヨーロッパものではE.S.T.(Esbjorn Svensson Trio)の最終作、ハイ・ファイブ(High Five)の伊ブルー・ノート盤、マリア・カンネゴール(Maria Kannegaard)、アレックス・リール(Alex Riel)のトリオにチャーリー・マリアーノが加わったものやフランスのドラマー、アンドレ・チェカレリ(Andre Ceccarelli)のライブ盤。日本では山中千尋の新作等々。まだまだ挙げればキリが無いのですがまとめて来るともうキツいキツい!最後はボヤいて終わりにします。

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

  1. 2008/07/29(火) 17:19:36|
  2. Trumpet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<#619 Jazz Goes to Junior College/The Dave Brubeck Quartet (Columbia) | ホーム | #617 Play it Now/Al Cohn (Xanadu)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://damimijazz.blog78.fc2.com/tb.php/646-aede0c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile


ぬどい

Author:ぬどい

タイトル通りのブログです。聴くジャズに垣根をつくらずがモットーです。駄耳の持ち主ですがジャズが好きで連日湯水を浴びるが如く聴き続けています。しかし自分の耳は全く向上しません。近年ジャズに戻って来たためここ10数年のアーティスト&作品には非常に疎く探求中です。今までに所有してきたレコードの聴き直しと新たなる発見を求めて購入したCDの感想を備忘録を兼ねて更新しております。ど素人が主観のみで書いているログですので当然ココではお勉強は出来ません。検証は他所でやって戴いたほうが確実かと思いますのでその旨ご了承願います。(ただ今さぼりモード突入中)


Twitter

ジャズ以外のことをつぶやく機会もあると思いますが、大目に見て下さい。

Clock

Calendar & Weather



Search

Counter

Recent Entries

Recent Comments - Japanese Only

Recent Trackbacks

Monthly Archives

Categories

Link

このブログをリンクに追加する

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。